スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

萩原ミミを疑いたくなるほど信じがたい先生の話2

とある小さな学校で特別活動の研究発表が行われました。
30代後半の女性教諭が、学級活動の授業を提案しました。

議題は忘れましたが、子どもたちが、
自分たちの生活をよりよくしようと、なにやら企画を立てる話し合い活動だったと思います。

この担任の先生は、相当きれる人みたいで、
学級の子ども1人ひとりの実態をよくつかんでいます。

授業の中で議題が生まれ、議長が立候補で決まります。
議題を考えた子どもが、すらすらと提案理由を話し、

クラスの全員が自分の意見を持ち、賛成意見を中心に話し合いが進みました。
建設的な反対意見や、要所を押さえた質問が飛び交う、
もう、それは隙のない授業でした。

45分の時間内に話し合いは決着し、子どもたちも、観ていた参観者も
皆で拍手喝采です。

こんな田舎に、こんなに素晴らしい先生と子どもたちがいるんだぁって
そりゃ、もう感動しましたよ。

ところが、




ところが、ところが、ちょとtだけですが、(!_+)ぎょっとする前に、授業後の話です。


授業が終わった後に、そのクラスのこどもたちに、ちょっと意地悪な言葉をかけてみました。

「ねぇ。いつもこんな感じで話し合いがうまく決着するの?議長は同じ人?」

まぁ、よせばいいのに、若い教員の不味い嫉妬心でしょうかね。
その子どもも子どもで、田舎の子特有のシャイな表情で、妙にもじもじして、

「いえ、えっと、あの、こうです。」


あぁ、純朴というか、素朴というか、いい子なんだろうと勝手にいいイメージを持っていたら、
その学校に勤める同級生が近寄ってきて一言。


友達「いい授業だったろ?すごいでしょ?」
握ボ「おー。ほんと、すごいよね。」

友達「そりゃ、すごいさ。だって台本わたして、何回も練習してるんだから。」
握ボ「え?なにそれ?」

友達「だから、この話し合いの台本をつくって、それを子どもにわたして覚えさせてるの。」
握ボ「やらせか?」

ということです。『ほら、あなた、違うでしょ!この人がこう言ったら、あなたは手を挙げて、反対意見を言うのよ』って感じで、何度も何度も練習を重ねた話し合い活動だったのです。
つまり、わたしは、45分間にわたる朗読暗唱の超大作を見物していたわけです。

その後の研究会が、また楽しくて、
「子どもたちが、いつも議題をつくっているのですか?どんな指導をされているのですか?」
『はい。子どもたちには、いつも自分たちの生活をよく考えて、作文に書かせたり、帰りの会で発表させたりしているのですよ。はじめは、できなかったのですが、最近では、いろいろなことに気づくようになりました。』

(*´艸`)ぷぷ こいつ凄すぎ!
これって、あり?

この人、その後同じ職場に勤めることになるのですが、犯罪者になりました。
。゚( ゚^∀^゚)゚。ブェーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

テレビ番組などの制作に関わっている人にとっては、どうってことのない話なのですが、
我々教員がそれをやると、とんでもないっていう出来事でした。


にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト
痛い先生 | 2007-05-07(Mon) 21:32:56 | トラックバック:(0) | コメント:(9)
コメント
自作自演イタイですよねぇ。
そういうフェイクでし相手を騙す行為で自分をすごく見せても
それが崩れると失うものは大きいのにね。
しかも、それが現実世界なら余計に。

ま、ネット上でもそういう人はイタイですが。
2007-05-08 火  00:28:12 |  URL | ダイ #QnynE5qE [編集]
(^w^) ぶぶぶ・・・
先生の覚えさせた根性・・・すごくね?
2007-05-08 火  01:03:58 |  URL | たあた #- [編集]
お疲れ様です!

>たあたさんの
先生の覚えさせた根性…すごくね?

確かにですね~、ハハハ。

でもこの先生
何でこんなことしたんですかね~?
研究発表で自分の評価高めるため?
もし、ふだんから
信念を持ってやってる、
というなら
それはそれで
すごいと思いますが。

自信を持つのも結構ですけど
時には自分の行動が正しいのか
振り返らないと、ですね。

パート3楽しみにしてます。
2007-05-08 火  02:13:34 |  URL | 祐介 #- [編集]
へえ~~~~。(←20へえ☆)
よく研究授業見て「これって台本とかあるんじゃなかろうか。」と思う授業ってあるんだけど
本当に台本渡して練習させる先生いるんだ!!
うーん、基本的に「教育者」じゃなかったということですね~。
2007-05-08 火  07:13:18 |  URL | ママレモン #- [編集]
こんばんは
これって授業参観では良くあることですよね?
台本まで行かなくてもある程度の計画を先生が作っていて、みんなに手をあげさせて発表させる順番ぐらいは決まっているって♪
子供のクラスが研究授業で使われたときにも事前にリハーサルがあったらしいですし…
保護者の間ではわりと常識?
2007-05-08 火  21:47:35 |  URL | haruka #BQiSgiOU [編集]
ちと出遅れましたが私も一言。

こうやって育てられた子供達がどういう大人になるか。
まあ半分は影響なし。
洗脳されて教師になろうと思った子供は現場で同じ遺伝子を引き継ぐ。
洗脳されずに生真面目に自分の役目を演じきった子供が教師になると、将来ブログで毒を吐く。
洗脳されずにギャグもまじえて自分の役目を演じきった子供が教師になると、将来ブログでZを握る。

「学習発表会のクラス劇と同じじゃないの(^-^)」と思って楽しんでいる保護者が一番幸せ。
2007-05-08 火  22:01:03 |  URL | シーサー #gJtHMeAM [編集]
harukaさん

>これって授業参観では良くあることですよね?

授業参観時に、授業の内容を予め伝えることはあるかもしれませんが、台本をわたして、その通りに話させることは皆無です。

台本とは言えませんが、子どもたちが調べたことや作文の発表のために練習を重ねさせることはあります。そこでは、改善点を指摘することは、やらせではなく、指導です。思いや考えを強制する授業とは一線を画すものです。

例えば、お友達の発表を聞いて思ったことや考えたことがあるとしますよね。それを、教師側が用意することはありません。しかし、自分たちの調べたことをまとめて発表するときに、自分の思いや考えをうまく表現できない子どもには、言葉を導き出して、教師主導で感想を書かせることはあります。

発表を中心とした研究授業でも、リハーサルはありえます。総合的な学習の時間では、よく見られますね。そんな授業は決まってつまらないです。それでも、表現の工夫を視点とした研究だったら、伝える方法を工夫して練習させることは、仮説検証の一環だと考えられます。

また、同じ活動を繰り返す体育の研究授業もリハーサルととれることもあります。これも、学習形態を工夫することで、子どもたちの意欲や技能や思考の変容をみていくものですから、積み重ねることで子どもたちが慣れていくことは、十分ありでしょう。

しかし、ここでとりあげた授業の場合、主旨がちょっと違います。自分たちの生活をよりよくしようとする思いや考えを出し合い、互いの意見を尊重したり、自分の立場をはっきりさせるべき授業で台本をつくったことに問題があるのです。

その授業のねらいから逸脱するどころか、クラスの子どもたちへの冒涜であると断言できます。予め結果を知っている子どもが、誤答と正答を順序よく話す算数の授業がありえないのと同じだと思ってください。

・・・・授業の開始から終了までのすべての会話やつぶやき、動き方まで担任が指図し、その通りに動かさせるリハーサルをしたのであれば、それは研究(提案)授業ではなく、ただのショーです。

教師がどんな働きかけをしたら、子どもたちがどのように思い・考え、進んで学んだあげくに、どのように変わっていったかを突き詰めていくのが研究授業ですから、その1時間内での育ちもあれば、長い期間を通した変容を検証していくこともあります。

harukaさんのお子さんの学校の仮説検証は、長い期間の変容をみるためのまとめの授業だったんじゃないでしょうか。
2007-05-08 火  22:27:29 |  URL | 握ボン #- [編集]
ウォ(!_+)

真面目にコメントバックしていたら、シーさんが割り込んでた!

。゚( ゚^∀^゚)゚。ブェーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
えぐいよなー。でも、洗脳されずに教室の隅から遠い目で観察していた人は、本番中にキツイ質問を繰り出し、担任を青ざめさせては、、、、、
っと書きすぎたら怒られるのでやめとこ。
2007-05-08 火  22:34:03 |  URL | 握ボン #- [編集]
そうやって5年生の時に担任を青ざめさせた少年は半年ほど担任の報復攻撃を受け続け、このままでは命がないと悟って6年では正義の味方役に方向転換、懇談会で「シーサー君はこのごろ良い子になりました」とほめる担任(持ち上がり)に心の中で中指を立てていましたとさ。

「こーゆー教師にはぜってーなりたくねー!」と心に誓っていたら、こんな教師になってしまいました(笑)
2007-05-09 水  00:12:17 |  URL | シーサー #gJtHMeAM [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。