スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

五里霧中の複式学級 始業式までの苦悩

いやぁ、この複式学級をもつときには、ほんと苦労しました。
それは、あと5日で始業式を迎えようかとしているのに、仕事にならないのです。

五里霧中じゃん
五里霧中じゃん 2
五里霧中の複式学級 
の3つの戯言を先に読んでもらうと、いいのですが、まぁ、公務員の愚痴だと思ってください。



にほんブログ村 教育ブログへ


さて、4月1日に複式学級を受け持つことが正式に言い渡されました。これは、予め予測されていたことなので、まぁ驚きもしませんでした。

「よし、では、授業形態について考えるか。」

と意気込んだ矢先、

「握ボン先生~、そろそろ時間ですよ~。」

と声をかけられ、出かけます。
どこに出かけていくのかと言えば、教育長がいらっしゃる施設です。
他の地域から赴任してきた教員には、「辞令交付式」という立派でありがたい会があるのです。
この日は、教育長も用務多忙ではなかったらしく、喜ばしいことに辞令を直接交付していただきました。

はぁ溜息。わたしの名前と、赴任先の学校と、給与の号数がかいてあるだけの紙です。
こんなもんを、1人ひとり受け取って、大変ためになる講話を聞かされて、わたしの大切な時間の半分が失われました。

そして、あわてて学校にもどります。幸いなことに、そのお膝元にある学校だっただけに、
べしゃっている間に到着します。

「うしっ。時間割でも考えるか!」

とわら半紙を2枚広げるやいなや、

「握ボン先生~。みんな待っているよ~。」

と声をかけられて、またまた出かけます。
どこに出かけていくのかと言えば、学校とつながりの深い人の家や施設です。
他の学校から赴任してきた教員には、「挨拶まわり」という大変意義深い習わしがまっているのです。この日は、漁協・農協・食材屋・ガソリンスタンド・PTA会長宅・保育園・役所の支所・寺・神社・なぞの爺さん・老人ホーム・あとは、忘れました。
校長がわたしたちを紹介し、1人ひとりが自己紹介をします。っていうか、一瞬顔を合わせて名前を教えたところで何になるんだろうと思っているうちに、その日の勤務時間は終了しました。

(-。-) ボソッ『春休みぐらい、はやくかえって子守しよっと』
と思い、その日は、ワインディングロードをかっ飛ばして帰路につきました。


 




 


翌朝、学校に着いてすぐに、ホワイトボードで日程を確認します。
でかでかっと書いてあります。

「午前・挨拶回り、近隣学校」

Σ(΄ロ`ノ)ノエェェエェェエガシラ2:50
この地域の習わしで、赴任してきたよそ者は、同地区の小中学校に挨拶をして廻らなければならないのです。
これは、いかん。なんとかならないかと思って、

「校長先生~。わたし、この挨拶まわり、男割りしたいのですが?だめっすか。」
と慇懃に尋ねると、

「否」
結局、その日の午前中いっぱい、自己紹介のリフレインを近隣学校の職人室で続けた次第です。

午後になると、自分の学校にやっとつきました。
すると、待ちかまえていたように、教頭がわたしのところにきて、
「明日の会議の提案事項は、もうできていますか?できていたら出しておいてね。」

この教頭さんは、すごく大好きなのですが、はっきり言って

仕事の鬼 なのです。

わたしなどからみたら、もしかしたら「教師おたく」なんじゃないかとおもうほど
学校の仕事が大好きなのです。
仕事の鬼の例として、ひとつあげれば、

【職務中は、職員室で一切私語をしない。】
これ、真面目な話です。この人が仕事に関係ない無駄話をしているところを見たことがありません。

後でいい人ってのがわかったんだけど、むすっとした教頭に、いきなりそんな声をかけられ、プレッシャーかかりまくりです。

その会議の提案事項なのですが、ご存じない方に説明をすれば、
わたしたちの地域の学校では、それぞれの校務についての年間計画を始業式前に提案するんです。

大変そうな仕事に思えますが、前年度からの反省点を修正するだけで提案するのがほとんどなので、思いの外、楽な場合が多いのです。

ところが、ところが、前年度のデータがない!ないんです。どこをさがしても。
前年度の担当は転勤していないし、その人に連絡をとって送ってもらったところで間に合いません。
結局、いちから作り直すことになりました。

小さな学校です。その年は、初めての複式だということで、確か


体育と特別活動と安全教育と遠足と環境美化だけだったかな?

次の年は、それに校内研究が付け加えられたのを覚えていますが・・・・

といった感じで、あと3日で子どもたちが始業式を迎えるというのに、
複式学級の学習の準備は、滞りまくりなわけだったのです。

ほんと愚痴ですね。

書いているうちに、思い出して、テンション、ガタさがり


にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト
教職員の服務規程 | 2007-04-22(Sun) 14:07:21 | トラックバック:(0) | コメント:(3)
コメント
おっ!リニューアルしてる!
装いも新たに、今まで以上のキレのある記事&コメントを期待してます♪


転入職員のあいさつ回り…
その時間を少しでも減らして、最初の学級事務に回せれば随分ラクなんですけどね。
まあ、引き継ぐべき昨年度の文章がない時点で、学級事務云々なんて言ってられませんが・・・。

ホント、大変だったんですね(^_^;)



苦悩シリーズ、書いていてテンション下がりますよね。分かります(笑)
2007-04-22 日  21:46:10 |  URL | ハルイチ #- [編集]
ドラゴンボールZのノリですなw

続き楽しみにしてまーす。
2007-04-24 火  00:30:30 |  URL | ダイ #QnynE5qE [編集]
ダイチさんコメントありがとう!
これが、つまんないんだなぁ複式学級の話題って。滅茶マイナーな話題だし。記事のテーマにおもしろみが少ないので、コメントで盛り上げてくださいな。
( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
2007-04-26 木  19:03:09 |  URL | 握ボン #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。