スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

校長 VS 学級崩壊児童(元) その4

校長 VS 学級崩壊児童(元) その3  のつづき


廊下の窓越しに怒鳴りはじめました。

「おぃ、整理整頓をしてから、バケツを片付けるようにいっただろうがー。
 なぜしないんだー。どうして約束を守らない!わぁわぁわぁわぁわぁ。」

これには、驚きました。ちょっと机・椅子がばらけて、
数名の児童が立って歩いていたとはいえ、
静かに授業を進めていたところにいきなり現れてこれです。
当然、怒鳴られた女児たちは固まっています。

担任の頭を通り越して、直接子どもに切れて怒り出す校長など
これより後も先も見たことも聞いたこともない。

ぎょっとしたものの、気を取り直して、
「校長先生!この子たちですね。つい今さっきで・・・・・・・・」

と話しかけた途端、

「お前には、関係ないことだ。黙ってろ。
 おれは、この子たちに言ったことを・・わうぁわうぁわうぁうぁ。」

いやぁ、驚きました。関係ないそうです。
このとき、わたしはというと、あっけにとられてしまったせいもあって、
逆に冷静に考えることができていました。
いくら非常識な相手とはいえ、担任と校長が児童の前で口論するのはまずいでしょう。
とりあえず、気を取り直してもう一度話しかけようと

「校・・・」
と言うやいなや、1人の女児が、

「わたしが、片付けてきます。」
と言いながら走り出しました。このタイミングが絶妙で、
校長殿の怒り?も納まり加減になり、

「あとで、きちんと掃除をしておきなさい。」
と言い残して早歩きで去っていきました。このときは、とりつく島もなく、
とりあえず、後で事情を話せばいいやって思っていた次第です。
でも、ハラタツ

その後の教室は、シーンと静まりかえっていました。
2~3分後には、バケツを片付けた女児も戻ってきました。

授業後、ぼそぼそと話し声が聞こえます。

「ねぇどう思う?なんでわたしたちが悪いのに、
 どうして、先生が怒られないといけないの?」
「そうよ、関係ないって言い方ないよね。
 担任の先生だよ。あんまりだよ。」

と言っているのです。ウルウル

お客さん!どうですか!あのって、知らないか
あの荒れていたこどもたちがですよ、

「わたしたちが悪いのに!」と言いながら
わたしのことを心配してくれているのです。

もう、その気持ちだけでうれしくてたまらなくなりました。
あの自分勝手で、猜疑心が強く、だれの言うことも聞かなかった
荒れた女児たちが、全然悪くないのに「自分が悪い」っていうのです。

にほんブログ村 教育ブログへ



その後、何事もなかったかのように6校時授業が終わりました。

児童を下校させ、同学年の先生たちに5時間目のハプニングをネタとして報告したあとに、職員室に戻りました。すると、早速校長室からの呼び出しです。

あぁ、さっきの続きで,また思いだし怒りでもするんだろうと、ウキウキしながら校長室に向かいました。

トントン
「失礼しやす」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

校長机、ではなく、ソファに校長が座っています。
そして、顎をシャクってそこに座れと合図をしました。
とたん。
校長が、立ち上がりました。
この人、前任校では、気にくわないことがあると、
玄関を出て帰ろとしている職員を追いかけて殴りつけたことがある人なんです。


うぉっ、いきなりかぁ!
とちょっとかまえていたら、その口から

「さっきは、すまなかった。
 絶対にやってはいけないことをしてしまった。すまん。」

へ?ナンタルチーヤ
わたしは、口をぽかんとあけていたと思います。すると校長が続けます。

「本当にすまなかった。何が、絶対やってはいけないことか、わかるか?」

おい、(*´艸`)ぷぷ 誤ってるのか?質問してるのか?

「は、はぃ。えぇ。まぁ。」
って、なんて答えるのが正解?わかんないっしょ。


※つづく


にほんブログ村 教育ブログへ


デカイバナー

スポンサーサイト
痛い先生 | 2007-04-15(Sun) 16:16:25 | トラックバック:(0) | コメント:(7)
コメント
いやあ、子どもたち、素晴らしいですね。
「私たちが悪いのにどうして先生が・・・」なんて、なかなか言えたもんじゃないですよ。さすがです!


この社長さんが何について謝ったのか・・・
答えは意外なコトだったりして♪
引っ張り上手な握ボンさん、次の記事期待してま~す☆




ってか、バナーでかっw
2007-04-15 日  16:35:42 |  URL | ハルイチ #.GTNPbic [編集]
はじめまして!

私はかつてN能研の中学入試専門の講師として、現在は個人塾を開いて公的カリキュラムに取り組んでいる者です。

握ボンさんはコメント欄でしか拝見していなかったので、いろいろと誤解していました。(^_^;)

今回のコメントを拝読して、実はまじめな方と理解しました。

もしよろしければ、以下のページにメアドを載せていますので、メールをいただければいろいろとお役に立てることができるかもしれません。

http://blog.livedoor.jp/yoursong2005/archives/29687638.html

現場の熱意ある先生にはとことん頑張って頂きたいですし、私もできる限り応援したいと思っています。

PS
すいません。今のところ、このブログの記事をほとんど読んでいませんが、これから時間を見つけては読んでいきたいと思っています。
2007-04-15 日  20:35:17 |  URL | こだま #- [編集]
いやぁ昭れるなぁ,,,,
なんのドラマもない普通の結末です。

しかし、このサイズのバナーはってる人って俺だけかなぁ。
とろこで、ハルさん、平木さん、ここみてるかな。A3サイズが印刷できるエプソンのインクジェットプリンタで、4つ切り画用紙を横31cmにカットして国語の教材文を画用紙に印刷しているのですが、そのテンプレートというか、国語の教材文いる?そんで、使い勝手のいい日本白地図もってないですか。この前誤って削除してしまって、残念なことになってるっすよ。
2007-04-15 日  21:03:32 |  URL | 握ボン #- [編集]
(!o!)オオ!
こだま先生じゃないですか。びっくりしやした。はじめまして。
もしかして、ダイさんのところから飛んでこられた?
PCを休止状態にして、愛娘を寝かしつけながら上の自分のコメントを書いていたもんで気づくのがおくれました。

ところで、ブログを読んでいたら体調悪いってことだったので、心配してましたよ。
さらに、照れるなぁ。俺、そんなに熱意のあるほうじゃないですよ。
軽く読み流してくださいね。時間かけて読むような内容じゃないっすよ。教員だから教育ブログってだけですからね。
「なんですか、このふざけたブログは」
って、なんか、怒られそうで怖いな。
( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
真面目に、
また遊びに来てください。
それと、ダイさんにも聞いたことがあるんですが、塾で使われているテキストなんかに非常に興味があるんですよ。

それとね、ダイさんの塾の話なんか聞いていて塾について思うことがあります。
学ぶ目的をもって集まる子どもたちに、1人ひとりに合った学習を深~く考え抜いて、優れた頭脳の講師が適切に道を示して頑張らせるって感じ?ですよね。塾って。さらに、小学生~高校生まで面倒をみるんでしょ?我々なんかに比べると、自由でやりがいがある反面、すべての責任を自分がとるといったシビアな仕事なんじゃないかと思います。
そして、理想を持ちながらも結果を残さなければならない、さらに営業努力も必須の個人塾の方々って、すごくベンチャーというかおもしろそうだし、偉いと思うし、めっちゃ興味があります。
(コメント軽めに書き直しました。)
2007-04-15 日  22:39:04 |  URL | 握ボン #- [編集]
昨日鍵コメで学習サイト教えてくれた方!ありがとう!早速拝見させていただきました。
ふいに現れて、ねずみ小僧みたいなひとですな。アリ
2007-04-15 日  22:40:45 |  URL | 握ボン #- [編集]
あまりにもデカいバナーなんで、5クリックしときました。
足りなかったら言ってください♪


国語の教材文ですか?
興味あるんでよろしければいただきたいです♪

白地図のデータは持っていませんが
同僚に聞いてみます☆
2007-04-15 日  23:54:19 |  URL | ハルイチ #- [編集]
あ、こだまさんだ。

こだまさんって、N能研の経験あるんですか。
そこのことは色々と聞いていますし
勉強になるなぁと思います。



つか、こだまさんの知り合いがかなり熱くなってるので
抑止していただければありがたいです(苦笑)
あ、私は関係ないって?
うーん、そう冷たいこと言わずにw

言葉で話せればいいんだけど、それを越えちゃうと無理だなー。
2007-04-16 月  05:04:12 |  URL | ダイ #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。