スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

校長 VS 学級崩壊児童(元) その2

校長 VS 学級崩壊児童(元) その1 のつづきになります


前置きがながくなってしまいました。
さて、やっと本題です。


ちょうど、わたしが軽く荒れていた学級を受け持っていた年の初冬です。
実は、この子たちは、全員で協力して取り組む楽しさを味わい、
妙に仲良くなって、楽しい毎日を過ごすことができるようになっていました。

ところが、この校長ですが、その2ヶ月ぐらい前に
例えば、我が学級が運動場で楽しく活動している姿を見かけると、

「おぃ!ちょっと来なさい!」
と言ってわたしを呼び出して、
「今なんの時間だぁ」
と知っているのに尋ねるのです。

「道徳ですが。」
と即座に答えると

「道徳の時間に、何を外で遊んでいるんだ?」
と分かり切ったことを、わざわざ言いまくるのです。

「えーっと、協力することの実践です。」
とテキトーに応えると

「そんなのは、道徳じゃない。そんなことは、授業時間にするな。」

「(`_´)はい。わかりました。」
とわたしの得意中の得意の
『ハイハイ言っては、聞かない』攻撃に出ました。

とあっさり、子どもたちの所に戻ったのですが、
そのあまりの不機嫌な顔にどうも事情を悟られたようで、、、、、、
ここらへんが、若さですよね。
今なら絶対にニコニコ笑って「ガンバレって言ってたよ」と言いそうなのに。
、、、、、悟られたようで、どうもまた、
このオッサンの株を下げてしまいました。




また、ある日、動物好きな子どもが、
ぐったり倒れているウサギをみかけたことがありました。
その子が、側にいたこのオッサンに

「校長先生、ウサギが、ウサギが。」
と訴えかけると、

「あぁ、それはもう助からないだろうね。」
と一瞥して行ってしまったそうな。

その後が大変で、その動物大好きな子が
泣きやまないやら、落ち込むやらで、
そこの保護者が事情を知りたくて学校を訪れ、
ことの顛末を知り、呆れて帰ったいうことがありました。

まぁ、嘘はついていなんですけどね。

数え上げたらきりがないのですが、
そんなこんなで、このオッサンは、子どもたちからも
超不人気になっていたのです。

あぁ、また前置きだ。
さて、
この非常識な校長が、ある日ニコニコして
我がクラスの子どもたちに掃除を頼んだことがありました。

つづく


にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト
痛い先生 | 2007-04-14(Sat) 09:42:10 | トラックバック:(0) | コメント:(4)
コメント
道徳は「道徳の時間」だけにしか教えられないと思っている
典型的なタイプの人ですねえ。
教師としてというより人間としてどうよ?と思いますが
続きを楽しみにしております☆
2007-04-14 土  12:26:50 |  URL | ママレモン #- [編集]
( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
そうそう。こっちからはアウトオブ眼中だったんだけど、向こうは何かと「指導」をしたかったみたいで。
我がクラスの保護者さんから、
「先生、大変そうですね。聞くと校長からのいじめにあっているとか。」
と同情されました。(*´艸`)ぷぷ
自分としては、そりゃ初めは嫌でした。でも、だんだん慣れてくると、飲み会での話のネタがいっぱいできるので、
「もっと噛みついてこないかなぁ」
と楽しんでいましたが。
2007-04-14 土  14:06:21 |  URL | 握ボン #- [編集]
ども♪来ますた~♪

俺も前任校の社長は皆が認めるダメ社長でしたが、
この握ボンさんの社長を見ると、まだまだカワイイもんだったなあと思いました(笑)

まあ、飲み会のネタには尽きませんね♪

続き、期待しています♪
2007-04-14 土  17:24:42 |  URL | ハルイチ #- [編集]
>「校長先生、ウサギが、ウサギが。」
と訴えかけると、

「あぁ、それはもう助からないだろうね。」
と一瞥して行ってしまったそうな。



冷たすぎwww
ワロタ
2007-04-16 月  04:38:44 |  URL | ダイ #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。