スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

歯がゆい学級崩壊 その9

歯がゆい学級崩壊 その8 のつづき


 このクラスの子どもたちが、「うまくいっていた」と思いこんでいた頃、
この教室の壁は、いかにも小学校らしい掲示物で飾られていたようです。


児童の絵画作品、似顔絵、目標、連絡事項、そして活動の様子を写した写真・・・

ある朝、登校した1人の女児が異変に気づきます。
掲示されていた写真にいたずらがされていたのです。
顔にインクで小さく落書きがされ、端を破られ、ある写真では、両目に画鋲が刺されてありました。
それも、特定の女児たちだけに限られていました。

見つけた女児は、すぐに担任を呼びに行きます。
かんにさわるような煽るような声を出しては、他人の気を引こうとする児です。後から登校して来る者すべてに、何が起きたのかが、すぐに広まりました。
学級のあちこちで、ひそひそと小声で話す声が聞こえます。


始業の時刻になりました。





教室では、担任の周りに数人の女児が集まっています。その中には、自分の写真にいたずらをされ、半泣きになっている女児もいました。

「先生!たぶん、○○さんがやったんだと思います。」
「そうです。昨日、教室を最後にでたのは○○さんです。」
「だって、先週○○さんは、友達にわたしの悪口を言っていました。」


囁くような声なのに、喧々囂々とした表情で児童が担任に詰め寄ります。
すると、担任はおきまりの文句で、こう返したのではないのでしょうか。

「まて、証拠もないのに疑うな。」

「先生、証拠ならあります。あの色のペンは○○さんしか持ちません。」
「そうです、わたしたちは無視していないのに、わたしたちが無視した
 って勝手にいいふらかしているんですよ。
「絶対、わたしたちに恨みがあるはずです。」

どこが証拠なのかは分かりませんが、この児たちは
いつもの調子で、次のように申し出るのです。

「先生!自分たちで解決させてください!
 ○○さんに謝らせます。わたしが話し合わせます!」
「先生!わたしたちが、だれも傷つかないように仲直りさせます!」

言い出したのは、普段は軽薄なくせに妙に自尊心が強い女児です。
自分の写真は無事でしたが、被害者を救おうとする気持ちでもあったのでしょうか。
しかし、すごいことをいう5年生がいたもだ。


すると、、、、さすがにというか、あたりまえでしょうが、担任は、こう言いました。


「だめです。先生が話を聞いてみます。


 先生にまかせておいてください。」


数分後、全員が席に着きました。


沈痛な表情で担任が話し始めます。


つづく


にほんブログ村 教育ブログへ 




 


面談時、身振り手振りをつけて教えてくれた女児の言葉を思い出しながら書いてみました。

「人それぞれ」が座右の銘のわたしにして、後輩にアドバイスすることもあります。

「子どもより先に教室に入り、全員が教室を去ってから出るべし」

登校時の表情は、その児の本音があらわれることが多々あります。
教室に入るときの顔と声で、精神状態を把握することができます。

また、下校時は、集中力にかけ不安定になる児がいます。ある児は、舞い上がって余計なことを口走り、またある児は暴力的になり、周囲に迷惑をかけます。開放感で走りだす児も多いでしょう。

下校時に1~数人で教室に居残るシチュエーションは子どもを豹変させます。
人がいなくなった教室は、独特の雰囲気があってし、何かしら気持ちを大きくするのでしょう。
担任が教室にいるだけで、分かる子どもの気持ちと、防げるトラブルって少しはあるのです。

たらればですが、このクラスも小学校の基本中の基本を守っていれば、すこし違っていたかもしれないのにですね。


えっ?担任がいなくても、きちんと過ごせる学級をつくらないといけない?

そうですね。でも自分の能力では、そこまでできませんね。
みていない児をどうやって把握するのかを教えてほしいものです。

スポンサーサイト
痛い先生 | 2007-04-03(Tue) 00:03:06 | トラックバック:(0) | コメント:(3)
コメント
ボンバーさん、コメントには摩訶不思議な文章が多いのですが(笑)、記事はしっかりポイント押さえてますよねえ。
学級崩壊シリーズ、楽しく読ませてもらっています。「主体性」と「放任」をはき違えている教師が多いのにも私も憤りを感じています。
「子どもより先に教室に入り、全員が教室を去ってから出るべし」
とても大切なことだと思います。生徒の本当の姿を見ることで様々なサインを見つけることができますものね。
また次回も楽しみにしていま~す☆

2007-04-03 火  22:40:21 |  URL | ママレモン #- [編集]
ねね?ママレモンさん、ほめてくれてるのか?
( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
↑のことは、4月が一番肝心じゃないかと。うまく軌道にのったらば、週に1~2回は、朝は不在でも落ち着いている感じですね。
あっ、記事と矛盾してるぞ。
2007-04-03 火  22:56:56 |  URL | 握ボン #- [編集]
いるだけでも抑止力か・・・
いいな・・それ(*´艸`)ぷぷ
2007-04-05 木  02:09:18 |  URL | たあた #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。