スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

歯がゆい学級崩壊 その8

歯がゆい学級崩壊 その7 のつづき

なんとも説明しがたい違和感がある学級でした。
授業には差し障りがなくなっていくのに、
他の面、特に交友面でギクシャクしているので、個別に話を聞く必要がありました。

ちょっとだけ、そのときの授業中のことを話させください。
今更ながらですが、児童の大半に理解とまではいかなくても、刷り込むように言ったことがあります。いつも、次のような調子で言い続けたことです。

「いいか!ここは学校だ。お前はそこの6年生だ。
 
そして、俺は、お前の担任だ。文句あるか。
 学校で担任のいうことを聞かなくて何をする!
 言ってみろ!」


( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

意味わかんねー
そして、このあとに、理詰めでごちゃごちゃ言ったんだけど、いっつも理不尽な屁理屈でした。
そのあとのフォローがまた微妙でして、

「 いいか!聞け!先週の火曜日の朝の活動を覚えているか!
 ●●が・・・・したときに、最初に気づいて教えてから、
 助けてやったのは君じゃないか!
 君は友達のことを大切にできる、とても優しい児なんだよ。
 いつも周りのことをみてあげているからできる、
 だれにもまねのできない君の才能で長所なんだ。
 あれを続けられたら、君はもっと伸びるんだ!
 でも、今みたいに、俺の言うことを聞けず、
 マナーの悪さが目立っていたら
 君の良さをスポイルすることになるんだ!
 第一、だれも君を信用しなくなる。
 いいか、残念な態度の最後の1人になるんじゃないぞ!」

。゚( ゚^∀^゚)゚。ブェーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

痛いよなぁ。怒りながら、些細なことなのに、熱く子どもを褒めるんだから。
さらに、こう続けます。

「 だから!(→なんで「だから」なのか未だにわかんないけど)
 1つだけ約束しろ!いいか、授業中は、黙って話を聞け!
 前を向いて勉強をするんだ。
 いいか、それが今日できたらな、できたらな、、、、
 世界一周旅行プレゼントしてやる!自分の金でいってこい!」

この調子で毎日のように怒声でまくし立てられたら、たまりません。たまーに、自分がやる気無いときには、

「 おーし、昨日は授業態度がよかったので、
 いきなりドッヂボール大会じゃぁ」

とのんきにやっていたら、大概の児はあきれるやら、諦めるやらして、サボってふざけるボーダーラインを上げてきました。という感じの、おかしな実践だっただけに、ちょっと異様な学級になっていたって言われそうですね。

しかーし、上述したように、どんなに個人の授業態度がましになってきても、交友面での不自然さはいつまでたっても解消されません。


にほんブログ村 教育ブログへ

面談と言っても、場所も人数も適当で、雑談に近いものばかりでした。


面談(雑談)していくうちに、どの児からも共通して聞かれたことがあります。

「5年生の1学期までは、すごく楽しいクラスだった。」

ということです。忘れていましたが、このクラスは、4年次の各学級の思いやりエース級が集まっているのでした。そんな彼らが変わっていく分岐点が、どこかにあったはずです。

ある日の放課後、2名の女児がその頃の様子を詳細に教えてくれました。

5年生になった彼らは、担任からことあるごとに、

「1人ひとりが活躍できる学級」

「1人ひとりの居場所がある学級」

みたいなことを説かれていました。そして、主体性を重んずるその先生は、何事も子どもたちの話し合いで決定したことを優先していたらしい。元来、やる気に満ちていた彼らは、係や当番活動をはじめ、学級のきまりや座席までも自分たちが主導して決めていたらしいのです。そして、時間割や授業内容にまで子どもたちの意見が反映されていきます。
平たく言えばって平たくもないけど、
「先生ー今日は、体育をしましょう!」「体育、体育」ってのが通っていたみたいです。

若い先生でした。穏やかで、激昂することなどもってのほかってかんじの。
だれにでも応対が丁寧で、迷惑と微塵も思っていないことにでも

「すみません、すみません」
っていつも謝っていたイメージがあります。

この先生は知らなかったのです。
ハンドル操作を子どもがやってみることはあっても、
アクセルブレーキは、担任が操作しないといけないことを。

聞くと「話し合い」と言っても結局は、数人の発言力のある児の意見が中心になり、不公平な決定がまかり通る。「・・・がしたい」と言えば、その日の活動までが変わってしまう。何もしていないのに、帰りの会で、「君たちはいい人たちだ」と褒められる。我が儘なだけなのに、「自主性があっていい」と賞賛される。

こんなことをしていたら、不公平感を味わい、不満がつのる。そして、担任の地位が下がるのは当然か。この学級では、自分がしたいことは、必ず受け入れられ、まかり通るのだと勘違いしてもしょうがない。

面談して聞かれた話を振り返ってみると
「どうして、座席を先生が決めるのですか?」
「なんで、わたしたちの言うことを聞いてもらえないのですか?」

真顔でこう言われていたのを思い出しました。
あと、おもしろかったのが、、、意図して聞いたわけでもないことなのに。。。

敢えて止めずにはき出させたのですが、男児は必ずと言っていいほど前担任を嫌い、罵る。
そして、荒れていた女児ほど、前担任を賞賛し、あたかも慕っていたかのように言う。

あれだけ、指示を守らずに勝手に振る舞い、前担任を困らせ、悩ませた女児たちは、
前担任が悪く言われることを嫌っていました。


「去年はさ、そんなんしてて、先生には怒られんのか?
 何もいわんのか?きかんかったのか?」


「 (前担任の)□□先生のことを悪くいわないでください。
 いつもわたしたちのことをわかってくれて、
 自由にさせてくれていた いい先生 なのに。」

なんか、すごく複雑な気分。


さらに、彼女たちの話をまとめると、この荒れ模様を引き起こした事件があったのです。


つづく

(若い先生でした。って、わたしも十分若かったよー。なんか大造じいさんになった気分)にほんブログ村 教育ブログへ



※繰り返し言いますが、この前担任をやり玉にあげるつもりは毛沢東ありません。
※すごくいい人なんです。人間的に素晴らしい。

 

スポンサーサイト
痛い先生 | 2007-04-01(Sun) 01:16:57 | トラックバック:(0) | コメント:(7)
コメント
毛沢東に一票v(。・ω・。)ィェィ♪
2007-04-01 日  01:18:37 |  URL | たあた #- [編集]
このシリーズ、リアルでいいですねえ。

気を遣って遠慮がちなボンバーさんに代わって言うと、主体性重視という名の放任、自由の衣を着た野放し、自主性風味のやりたい放題、子供に任せるという名目の指導放棄。

その担任、自分が小学生のときにそんな教育受けてきたんでしょうね。気の毒に。この手の勘違いは時々見かけます。かつて自分が教えてもらったようにしか教えられない教師って、けっこういるからなあ(笑)
2007-04-01 日  16:46:57 |  URL | シーサー #gJtHMeAM [編集]
(;゚゚)ウッ!
あいかわらあずキッツいなぁ
シーサーさん、毒吐きまくり。
でも、勘違い自由保育の延長戦がはじまった感はありましたね。近所の幼稚園では、保育時間は先生たちのお茶の時間だったらしいから。
( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
ネタバレになるんだけど、この人次の学校でイメチェンして、すんごく厳しい奴になったんですよ。
「超こわい!」と評判だったらしい。それもそれでどうかとは思うのですが、元々頭が良かっただけに、ちゃんとフィードバックできたみたい。でも、ほんといい人なんだって。
2007-04-01 日  17:01:50 |  URL | ボンバー(握屁) #- [編集]
だからそのいい人がいい先生になりそこなってしまうのがおかしいんですよ。やっぱりいい人はちゃんといい先生になれるようなシステムじゃないと。組織の中の人材育成ね。
なーんか一人で袋小路に突っ込んで悩んでる人が多いんじゃないかなあ。周りで助けようと思っても助けられない状況で。
でも「子供の自主性に任せています」ってのは一種の麻薬だと思う。ヤク中の先生大杉(まだ言ってるw)。
2007-04-01 日  23:57:33 |  URL | シーサー #gJtHMeAM [編集]
なーるほど。確かにそうですね。そんな人多い!結論からいえば、向いてないんでしょうね。向いてる奴ってどんな人という話はなしにして。
 というか昨年度の自分がその「綾小路状態」になりかけて苦しかったです。そこで、ほーれんそーと称して、所かまわず大声で愚痴たれまくってました。
「平気でいられるのは、君だけだよ。やはり、うってつけだったね」
てフォローなのか感想なのかよくわかんないこと言われました。もう、このポジションから降りたい。
「しまいには荒らすぞ!」と叫びたい気分です。実際のところ、軽く収まりかけたところを、散々暴れさせて終わった感もありますがね。
2007-04-02 月  00:32:42 |  URL | ボンバー(握屁) #- [編集]
話し合いで解決するのは言葉の響きが良いけれど
先生は言うことの聞かない生徒に対して
強引に言うことを聞かせる必要もありますよね。
それこそ言葉は悪いけれど「調教」するというか(苦笑)

話して分かってくれればそれが一番理想なんだけど
まだまだ未熟な子はいますものねぇ。
暴れて終わらせる案には賛成ですw


自主性かぁ。
俺もシーサーさんと同じこと思ったなぁ。

優しくても嫌われてる先生もいれば
怖くても好かれている先生もいたなぁ。
俺も怖いけど好きな先生いたもんなー。
2007-04-02 月  12:25:18 |  URL | ダイ #- [編集]
あるある。何をやっても咎めなかった小学校の時の担任が一番大嫌い。
プロレスで泡吹かせて気絶させようが、授業中にジャンプ読もうがみてみぬふりしてやがった。
2007-04-02 月  20:57:17 |  URL | 握ボン #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。