スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

不登校の子の担任の対応としては手抜き?

 やんごこなき事情から、不登校になった子どもがいます。ずいぶん我慢をしてきているのを見ていたので、通り一遍とうに登校刺激を与えることもしていません。担任している子どもが1ヶ月間全欠するのは、丁度10年ぶりです。その10年前は、毎朝、義務的に尋ねていったり、電話をかけたりしたのを思い出します。
ところで10年もたつと、不登校の子どもへの自分の対応が、格段に変わったというか、今更ながら思うのですが、


メールって便利ですよね。  


にほんブログ村 教育ブログへ



 




その日の出来事から、学級の様子、はたまたお勉強したことや図工の作品もろもろ、不登校の子にメールでじゃんじゃん送ると、すぐさま返事が返ってくる。

「家で、こんな作品つくりました。」とか「テストができました。」とか「リコーダ練習中」はたまた「漢字テストが終わりました」と、数時間おきに、りアルタイムで通信できるので、同じような活動をしているように錯覚してしまいます。


それに意味があるのかどうかなんかは分かりません。ただ、わたしがそれで、じゃなくて、それがいいと思うのだから自信を持ってやるほかにない。


「友達がいや、学校がいや、習い事もいや」。。。はっきり言ってただの我が儘ですが、本人にはそりゃ大変なんでしょう。学校に出てこなくてもいいから、ちゃんと勉強してくれれば、いつ復帰してもOK。それに、様子を写真で見たり、おんなじようなことやっておけば、疎外感も減るでしょう。


「電話かけるのがいや、家庭訪問するのが嫌い、登校刺激と仰々しいのがきらい」。。。周りの人たちに言わせれば、そりゃわたしの我が儘なのかもしれませんが、楽で楽しい方法で連絡がとれるのなら、そっちでいいんじゃないかなと。


本日も教頭に


「どうですか?登校していませんか?(まだ、登校させることができないのかと言いたげ)」


人事評価格差の制度が確立したら、


・担任した児童が不登校になる。


・対応に問題があり、登校刺激を与えることができない。


といったことも、評価の対象になる?のでしょうか。


ところで、この場をお借りして言いたいのですが、


不登校の児童がいることで、わたしの人事評価に格差をつけて大いに結構です。


しかし、職員を指導できなかった責任をとって、自分の評価と給料も下げてね。


にほんブログ村 教育ブログへ


スポンサーサイト
こんな仕事もしています | 2007-03-02(Fri) 22:31:59 | トラックバック:(0) | コメント:(3)
コメント
お仕事大変そうですね。

う~ん、どうなんでしょう。
家庭訪問や登校刺激を与えることも必要だとは思いますが
それが子どもにとって負担になることもあるでしょうしねぇ。
表面的な行動だけで教員の熱意の有無を評価されるのは
シンドイとしか言いようがないですね(笑)
2007-03-03 土  03:27:41 |  URL | ダイ #- [編集]
こんばんは。
同じ不登校生を抱える中学校の教師です。
子どもによっては,強制連行であっさり治る子どももいますが,3年間だめかもしれないと思いながら家庭との連絡に明け暮れる子どももいますよね。
私のクラスにも完全不登校の生徒がいます。人に陰口で言われるのもしゃくなので,自分から「担任が悪いから学校に来ないの」といっています。学校に来るだけが解決とは思えないのですけどね。
2007-03-05 月  22:40:39 |  URL | すずめ #- [編集]
お二方ともありがとう。どうにもならないときは、わたしが責任をとってですね、不登校になります。
エェ━━Σ(・Å・΄*)))━━!!!
切れた子どもがいたら、それ以上に切れまくると納まり加減になるので、ちょっとお試ししてみます。
>すずめさん
>陰口で言われるのもしゃくなので
ってさ、気にしないきにしない。一休み一休み。ポクポク。聞こえないのが陰口じゃん。聞こえたら超能力だわさ。エスパーか
多分来月には、
「うるうる、先生のおかげで学校に行けるようになりましたぁ~」って泣かれるかなぁ。(*´艸`)ぷぷ
悪魔の接吻攻撃!!((((*っ`Θ΄)っ ブチュチュチュ!!
2007-03-05 月  23:22:52 |  URL | ボンバル #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。