スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

こんなに違うの?公立中学校 その4



指導要録抄本(しょうほん)とは、
指導要録の6年生の様子を中心に書き写したものです。
そこには、各教科の成績、特別活動や生活の記録、
なんか特別なこと、出席や健康の記録などを
学級の全員分を担任が書き込みます。

そして、それを進学先の中学校に送るか手渡すかするのです。
中学校の先生は、それをもとに
生徒の小学校のでの様子を知ることになります。

 

その年、わたしは指導要録の抄本を初めて書きました。
今と違ってコピー機などによる複写が認められていなかったので、
遅くまでかかって職員室で書き写したことを覚えています。
卒業式から連絡・引き継ぎ会まで数日しかなく、
仕事のイロハを知らなかったこともあり、
超過密スケジュールになってしまいました。

 

また、この指導要録抄本の用紙がくせ者でした。
やたらと枠が広いのです。
原本の指導要録の軽く2倍はあります。
大きい文字で書けば済むのですが、
すぐに中学校の職員に見られると思うと
見栄を張ってしまいます。


ついぞ、1~5年次の抜粋などを
事細かに付け加えてしまいました。
馬鹿ですね。

その苦労した指導要録の抄本は封をして、
連絡・引き継ぎ会に持参しています。
わたしは、抄本をめくりながら、
一人ひとりのことを説明するものとばかり思っていました。

ところが、その会での抄本の出番はなかったのです。
そして、封をされたままの抄本は職員室に。

後日、同期の上杉中学校の先生と
話す機会がありました。
話題は、当然連絡・引き継ぎ会のことです。
そして、抄本について尋ねてみました。

「指導要録の抄本のことなんだけど。
 あれ、ちゃんと読んでいるの?」

「ん?何、抄本って。」


といった返事です。
斯く斯く然々と説明を付け加えていると

「あぁ、あれね。棚に積んでいるよ。
 それでね、生徒がなんか問題おこすでしょ。
 そしたら、開いて読むことがあるよね。
 見ながらさ、
 『ほらみたことか、小学校から悪い』
 って話になるんだよ。」


・・・・・もう、それ以上その話題に触れませんでした。
想像通りのことですが、
あれだけ苦労して作った抄本は、
その程度の扱いなのかと。

そう思うと笑うしかありませんね。

 ( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

 

つづく
スポンサーサイト


教職員の服務規程 | 2007-02-10(Sat) 20:32:56 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。