スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

体験学習ってゆるせない

うちのガッコの6年生は、数年前から地域のお年寄りと交流をしています。
なして6年生がお年寄りと交流する?
と軽く疑問に思っていたら、その導入に一悶着あったらしいですよ。

当時、文科省?県?いずれかの研究指定にあたっていたがために
大がかりな、体験学習が計画されていたようです。
テーマは、「ふれあい」
・・・臭すぎる。

ふれあい?中村雅俊か?
ちがうか

それはどうでもいいのですが、当時の6年担任が
そこそこの計画をたてていたら、割って入ってきたのが校長。

「6年生の総合的な学習の時間は、
 老人会と交流をしてください。」

クレーンの一声であっさり逆転裁判されてもうたらしいのです。

なぜに老人会?老人と交流?
不振に思った当時の6年担任が探りをいれたところ、

地元に住む校長が、赴任の挨拶にまわったときに、
自分の顔をたてるためなのかなんかしらーんけど、
「是非、小学校と交流しましょう」
と、吹いて廻ったらしい。

んで、真に受けた老人会長が、手ぐすね引いて待っていたらしく、
引くに引けない状態になっていたという説がひとつ。

もう一つは、
いずれ自分が入会する老人会での立場を確立させ、
自治会長の座をねらっていた校長が、自分の基盤のつくるために
6年生を利用したという説。

どっちにしても、
自分としては、すごくトーンダウンで
テンション鰻さがりですよ。

今年は、4月から放置していたら、
遂に向こうから
「今年は、しないんですか?」
って電話がかかってきましたが…
さぁ、我らの運命はいかに

文科省が、総合的な~について右往左往してるし
校長もあっちゃこっちゃ見てるし

ほんと下の人はつらい
社交辞令の体験学習ってほんとゆるせんというか。
スポンサーサイト


ヒビノガクシュー | 2008-11-03(Mon) 20:22:51 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。