スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

心ここにあらず

うちの学校は、
情操教育の一環として
休み時間にBGMを流しています。

前の校長の意向ではじまりました。

流れている曲が童謡なので、
どんな効果があるかは、よくわかりませんが。


そのお世話をするのが放送委員会の
子どもたちです。

彼らは、最近、ミスが多く、
担当の先生に、よく叱られています。

先日も、放送中に笑いがとまらなくなり、
スピーカからは、

「今から ゲラゲラ 中休みの ゲラゲラ 放送を」
と楽しそうに笑っている声が聞こえてきました。

その放送が流れた途端に、
教頭が放送室に駆け込み、
放送委員会の女児に厳しく指導。

その後、(ここが嫌らしいんだけど)放送担当の
職員を呼び出して、しつこく嫌味を言う。

「それくらいいいんじゃないか」
って思うのです。
実は、前校長が、公の体面というか、
責任を果たせないことを許せない質でした。
そういった場面に出くわすと、めっぽうお怒りだったため、
近隣に響く校内放送に対する指導はきわめてシビアだったのです。
放送前の複数回のリハーサルは必須。
言い間違い、不明瞭な発音があると、
耳にたこができるほど説教されていました。

その流れから、未だに放送委員会に対する風当たりは強いのです。



そして、昨日も、放送委員会の男児が
大変な言い間違いをしてしまいました。

その子は、わたしのクラスの子で、
学級の正統派リーダー的存在です。

素直・真面目・積極的・温厚・元気・勇気
彼にぴったりの言葉がたくさんあります。

その男児は、中休み の放送の担当でした。

放送が始まる音楽が流れ出しました。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


「 みなさん。こんにちは。

  いまから
 

  夏休みの放送

   はじめます。 」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


大勢の人A 「Σ(΄ロ`ノ)ノエェェエェェエガシラ2:50、まぢぃ~~~~~~~~~」

大勢の人B 「。゚( ゚^∀^゚)゚。ブェーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \」

握ボン    「 ┃┃¨╋┓┃┃¨╋┓┃┃¨╋┓┃┃¨╋┓ 」


もう、気分は夏休みですね。

因みに、この言い間違いに関しては、お咎めなしでした。

さぁ、一部の学校関係者の方々。あと一踏ん張りで夏期休業ですね。
もう一度気を引き締めて、安全に気を配りつつ、邁進しましょう。








にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト


授業時間 | 2007-07-14(Sat) 11:59:04 | トラックバック:(0) | コメント:(6)
コメント
ヾ(@°▽°@)ノあら、懐かしい。
私も以前、かなり長い間放送委員会担当だったので、そういう事件はたくさんありました。

でも、いつも(給食を食べている最中でも、子どもに指導中でも)この放送変!と思った時には一番に放送室に飛び込んで電源を切り、放送委員会の子ども達を叱りとばしていました。きっと握ボンさんとこの教頭先生より早かったと思いますよ♪

ダッシュの基準は一つだけです。「真面目に放送に取り組んでいるかどうか」。単なる間違いや、子どもによくある、ふとしたことで笑いが止まらなくなってしまうなんて言うのは、慌てず騒がず電源を切って、そのあと笑いが止まって落ち着いてから「失礼しました。~」と放送を続ければいいだけです。だから、そんな時にはすぐに放送室には行かず、どう対応するかを聞いていました。

全校の児童や、近隣の方々全てに自分たちの声が届いていることを放送委員会が自覚すれば、わざわざリハーサルさせなくても自分たちで原稿をメモして何度も練習してきますし、ちょっとしたミスはあとで修正の方法を教えてやれば次からは完璧にやってくれます。今回のように笑いが止まらなければ、止まるまで待つとか、他の人に交代するとかしてから電源を入れるなど自分たちで工夫して放送に取り組んでくれます。

教頭先生の体面を意識するところは困りものですけど、方向性は間違っていないような気もしますよ。
(^-^)

ま、教頭先生も、子どもへの指導方法をどうこう言うなら、自分の先生方への指導方法を改善していただきたいところですね。あはは。
2007-07-14 土  14:47:04 |  URL | みっぴ #BUR8iCpQ [編集]
そうなのです。
やっていることは間違っていないんだけど、この教頭何がいやらしいのかと言えば、
顔なんです。
(*´艸`)ぷぷ
2007-07-14 土  14:50:16 |  URL | 握ボン #- [編集]
って、顔っすかw
それは指導しようがないですね。。。


確かに間違いはあることだから
上の方がコメントされている通り
『マジメにやってるかどうか』でしょうね。

ふざけ半分の放送ほど聞き苦しいものはないですから。
身内ネタや安易な下ネタに走る結婚式の余興みたいに
聞いてて腹ただしく不快な気持ちになりますね~。
2007-07-15 日  00:45:51 |  URL | ハルイチ #sSHoJftA [編集]
ハルさん
へー、どんな結婚式だったのか興味津々。
でも、ベタな下ネタを徹底すると、それはそれでおもしろそうなキモしますね。
2007-07-15 日  15:53:53 |  URL | 握ボン #- [編集]
確かにゲラゲラ笑いながらやってるのを
聞くのはちょっと不愉快かもしれないです。

普段、真面目に取り組んでるのが
何かの拍子で大笑いになってしまった、
とかならありなんでしょうが、
ミスが多かったのにそうなったのは、
やっぱりふだんからの不真面目さが
現れているように感じます。

全くユーモアがないのもさびしいですが。
2007-07-15 日  23:58:13 |  URL | 祐介 #- [編集]
確かに、ゲラゲラ笑うのは、嫌な感じですね。

実は、学校の放送を子どもにさせるのはいいんだけど、なんか必要以上に「丁寧」すぎて、気持ち悪くなるんですよ。「子どもらしく」って言えば語弊があるのですが、もうすこし砕けていてもいいのではないかと思う今日、このごろ。
お昼の放送でも、
「おいしく、給食いただいていますか?」って妙なイントネーションで喋られた日には背中が痒くなります。
つうか、昼食時には、無音であってほしい。食器の音に無頓着になるっしょ。
2007-07-16 月  11:26:59 |  URL | 握ボン #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。