スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

学校への不満?苦情?期待?

授業参観がありました。

6年生の道徳を参観した保護者の感想を読ませてもらいました。




 


 今日の道徳の授業は、おかしいと思います。

 先生がお話を読んで聞かせて、限られた子どもたちだけが自分の考えを発表する。

 それが、道徳の授業なのでしょうか。

 小さなグループを作って、クラスの全員が自分の考えていることを話すのが道徳です。

 今日の学習では、教えたいテーマが伝わりません。


 




 


(´-`) ン?
何が言いたいのかな?

授業形態に不満があるのでしょうが、
いきなり全否定ではじまる感想を、無記名で書かれてもどん詰まり。

まぁ、内容はどうあれ、
否定しっぱなしで終わらずに、
自分なりの意見を書いているところは立派だと思いますが。


6年生の先生は、

「どなたが書かれたのかが分かれば、今日の授業の意図を説明できるのになぁ。
 それと、1人1人が書いた感想を読んでもらえれば分かってもらえるのに。」

とぼやいていました。

保護者さんは、学校に対して様々な期待があると思います。

「もっともっと、よりよくしたい!」
と思っている方も多いでしょう。

この感想を書かれた人は、道徳の授業をよりよくして、
子どもたちに伸びてほしかったのでしょうかね。

まぁ、学校はワタミじゃないから、
こんな苦情(というか勘違い)に、いちいち返答する必要あるのかなぁ。

学校に何を期待しているのか知りませんが、
「よりよくしたい」と思う人の書く文じゃないよね。


最近、

「学校に苦情を言いに行くと、我が子に還ってくるから禁物」


という噂をよく聞くのですが、実際そうなの?
って、俺が聞くな!

ほら、中学校の内申点とかね。


  にほんブログ村 教育ブログへ

スポンサーサイト


思い出話 | 2007-06-24(Sun) 21:56:35 | トラックバック:(0) | コメント:(6)
コメント
僕は公立の小中学校は税金で賄われる「サービス業」だと考えていますので、保護者の質問等には答える必要はあると思います。

おっしゃるように、無記名で文句を言うだけというのでは説明のしようもないので、それはどうかと思いますが。

場合によっては勘違いな質問に対しても説明してあげることは必要ではないでしょうか。
極端なことをいえば、税金でまかなう以上、保護者でない人間でも学校のことを知る権利はあると思います。
2007-06-25 月  19:52:31 |  URL | 祐介 #- [編集]
苦情はまあ、言いたい人は学校だけでなく、いろんなとこに言ってますから。
無記名ってのは、良くない。だって、それは言い逃げになりますもん。
2007-06-25 月  20:29:32 |  URL | mido-mama #- [編集]
こんばんは!
 私もいつも無記名のアンケートに疑問を持っていました。
 どうして無記名なのですかね。
 記名すると、自分の言いたいことが言えなくなってしまうからでしょうか。
 それっておかしいなって感じます。
 子ども達は、毎日手を挙げ自分の意見を言っているのに。大人になれば、無記名で自分の意見を言えることを知った子ども達は、どう思うのでしょう。
 前回のコメントで大人と子どもは違うといいましたがこの部分は同じであると考えます。
 自分の意見を堂々と主張して、それが違っていたら自分が考え直す、そういうことを私は授業の中で子ども達に言っています。
 そして、自分の意見が言えない原因が思考・技術の未熟さなのか人間関係なのか考えることによって子ども達の成長がある気がします。
 しかし、高学年になると自分の意見をうまく言えないことがあります。他人の目を気にして。自分の意見がうまく言えない雰囲気・技術の未熟さ改善しなくてはいけないのに、言えないから無記名にする、それは学校では違うと思うのです。
 それが、ワタミの社長さんのお客さん優先主義であって、それは、客の立場になって金儲けの成果にはなりますが、学校教育の成果とはつながりません。客の成長なんてワタミの社長は考えていないでしょうから。
 子ども達には、「手を挙げ自分の名を名乗り自分の意見を言う」ということを私は教えたいと思います。
 そして、そのことを毎日こどもたちに実践している学校が保護者のアンケートや学校評価の教師アンケートで無記名にするのは何かおかしいなって思います。
 すみません。
 また熱くなってしまいました?
2007-06-25 月  20:57:16 |  URL | 平木 #- [編集]
あっ、自分のコメント冷静に読み返して思いました。。。。。。
自分も匿名でブログ出しているなって。
人のことばかり言って自分を棚に上げちゃった!
2007-06-25 月  21:14:35 |  URL | 平木 #- [編集]
実は、祐介さんが仰る「サービス業」は、まんま前校長が言っていたことでして、その立場には賛同。

mido-mamaさんや平木さんの「無記名」のことも
「なるほどなぁ」
って思いました。

うまく言えないけど、
食べ物も、生活習慣も、安全も、保健・衛生も、暮らしの知恵袋も、もっともっと、とにかく何でも学校にやらせとけ!という無責任なまでに期待されてますよね。もう溶けない状態なのに~。
かと思えば、
「ほら、公立の学校は駄目だ。何もできないじゃないか。ろくな教員がいない。」
という諦めみたいな答えが織り込み済みという空気が、なんともしがたい。

学校のような閉ざされた群衆って、
前向きな考え方の人が集まらなきゃ成り立たないッて思うのです。

「わたしは仕事が忙しいのでPTAの役員はできません。」
って言った人が、PTA活動にぷらっと現れては、段取りや準備の悪さを罵る。

手を挙げず、何ひとつ貢献もしなかった保護者が、たまに授業参観に来ては、
「トイレが臭い。掃除はしているのか?」
と、心ない質問をしていく。
(臭いの原因は授業参観です。)

「夜7時過ぎても公園で遊んでいる子どもがいるぞ。どんな指導をしているのか?」
といった苦情を言ってきた人が、実はその町の民生委員だったとかね。

正直な気持ちとして、そんな人たちに振り回されて、貴重な自分たちの時間が費やされるのが嫌なんです。

「より良くしよう」という思う人たちの質問や意見の交換は、歓迎。
親さんの話を聞いて頷くこと多々あります。
でも、普段はなぁんもしないで、苦情以外のアクションを起こさない人の話って、正直なところ頭にきます。
「あんたにそんなことを言われる筋合いはない。そういう間柄じゃないでしょう!」
と表情にもだせない本音があるんですね。口が裂けても言わないけど。

ってまぁ、ただの愚痴です。
あぁ~、俺って底が知れるよなぁ。

え~っと、うちの学校のわたしが担任するクラスなんですが、
今年も、去年も、その前も前も、
「学校のためにできること!」をいっつも考えてくれている、超協力的な保護者さんばかりなんですよ。
自分の子以外の子のことも、心底心配してくださって・・・・涙。
かと思えば、我が子のように説教たれたり。
そういう親さんがたくさんいる学校なだけに、クレーマー対策しそうな勢いに残念な思いがするのです。

それを書くのを忘れていたので追記。

2007-06-25 月  23:00:19 |  URL | 握ボン #- [編集]
平木さん

ブログは「開いている」から匿名。
野次馬、人だかり、ある日突然、人が集まるから集まる「開いた群衆」だから、終わるのも突然。
そんなところで揉み合って格差のない平等を感じることができる安心感があるから匿名でいいんじゃないのかと。
と言い聞かせて、自分はいつも棚から下ろしません。
2007-06-25 月  23:06:06 |  URL | 握ボン #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。