スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

転校してきた子ども その1

前回の 優しい子どもたち で何を伝えたかったのかというと、それは、ずばり

田舎暮らしの良さ

です。過疎化の進む小さな町は、市町村合併を経て、存亡の危機を迎えています。
あげくに、予算かさむから小規模校の統合が必要だぁって叫ばれています。

そうなると、田舎のちっちゃな学校って過去の遺物になりはてることが必至。

「あぁ、昔はよかったよねぇ~」
って思い出話に花を咲かせることになるでしょうから、

わたしは、その最先端を走り、田舎の良さ、小規模校のおいしさを紹介しようというたくらみです。

まぁ、先駆者と褒め称えてくれれば結構。
(*´艸`)ぷぷ あほかって。

そして、本文です。




春、始業式。
2年生に転入生がやって来ました。
顔色の悪い、暗い感じのする子でした。

ド田舎の学校への転校って、ごくわずか。だいたい、転居の理由は似通ってきます


田舎暮らしの年老いてきた親の面倒をみるための転居や、リストラによる転職、そのほとんどがUターンです。ご多分に漏れず、その子の保護者さんも、この町出身でした。

ところが、この家庭には、違う事情がありました。

それは、その子が、ひどい喘息もちだったのです。
指導要録の出席状況の欄を見ると、

なんと、1年時の欠席日数が70日を超えています。
当時の年間の授業日数は210~220日でしたので、
1年間の1/3も学校を休んでいたのです。

その理由は、全てが病欠。事由は「喘息」です。
そかも、そのほとんどが、入院を必要とする治療だったらしいのです。

実は、転居の理由は、それだったのです。
つまり、このご家庭は、我が子の体調を心配し、
排気ガスが蔓延する華やかな街から
空気と水のきれいな田舎町に転居したのです。

そして、その父親は、そのためだけに転職したのです。


さて、その効果はどうだったと思いますか?

ある年を例に挙げてみます。

わたしは、その子を4年生で担任しました。
4年生の終わりには、
「よく頑張ったじゃん」
といいながら、皆勤賞を渡しました。

そうなのです。よほど、田舎の水と空気がマッチ(でぇ~す)したようです。
喘息の発作の回数は「0」、
負荷のかかる運動をしたときに、咳き込むことが数回あったものの、
1日たりとも学校を休むことがなかったのです。

その子は、ニコニコと明るく笑いながら、
「ありがとうございました」
と返事をしながら皆勤賞を受け取りました。

2年生から卒業するまでの間、大きく体調を崩すこともなく
健康的に過ごすことができていたのです。
1年時の欠席日数と比べて考えると、
たまたまそうだったとは、とても思えません。


この町は、きれいな空気と澄んだ水が無限に溢れ出ていました。
流れる川の水をそのまま調理につかえそうなところなんです。
時には、この町の風土がいたく気に入って、
退職金をあてて永住する人もいるぐらいの町ですから、
ひとも、たべものも、自然も、そりゃ素晴らしいところなんです。

しかし、それだけではない何かがあるから、
喘息もなりを潜めたんじゃないかと思います。

それは、クラスの子どもたちと、心底仲良くすごす
その子の表情から見た勝手な想像なのですが、

友達といいいますか、安心して勉強して、遊んで、働いて(いろんな作業ね)・・・・
といった、気持ちの安定だったんじゃないかと思えてしかたがありません。
「病は気から」と言われますが、居場所のある学校での暮らしが、
心身共に健康にしてくれたのではないのでしょうか。



そして、何よりも、わたしの指導がよかったことに間違いはありませんね。
( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
(↑冗談。真に受けて攻撃しないでね。)

というわけで、
何の確証もありませんが、喘息もちのお子さんに心を痛めていらっしゃるかたは、
ひとつの選択肢として、田舎暮らしを考えてみませんか?

心身共にリラックスできる学校の力って、子どもに与える不思議な力が絶大だと思いますよ。
残念ながら、わたしは、もういませんが。(←しつこい?)
にほんブログ村 教育ブログへ

↓興味がありましたら、スポンサーサイトをご覧くださいな↓


 


スポンサーサイト
思い出話 | 2007-05-26(Sat) 22:31:15 | トラックバック:(0) | コメント:(8)
コメント
こんにちは♪
田舎の学校っていいですよね。
でも私の場合はいいところも悪いところも体験したなぁ。
狭い地域で親同士の仲が悪くなると
モロに子どもに影響する姿が見られて
なんともいえない気持ちになりましたが
自然には癒されましたねえ。
四季折々の季節の美しさにいつもうっとりしていました。
子どもたちの郷土愛&愛校心もすごいですよね~。
2007-05-27 日  07:01:59 |  URL | ママレモン #- [編集]
私も本当は?45歳でリタイヤして、
海外でも国内でも良いから海の傍の小さな街で
暮らそうと画策してました、計画通りに退職して、、
さぁーと言う所で、、結局断念。。あはは~~
数年以内に私自身は本拠地を何処か静かな町に移したいと思っています。
記事読んでいると、
「握ポン先生のいる町」も良い感じですね!
最近は本社を何処かの過疎化の進んでいる町に
移動するのも良いかなぁ~~などと考えてますよ!
今の仕事なら本社所在地なんて何処でもいいと思うし。
人も心ものんびりと、、
「健康」には良いでしょうね。あはは~~
2007-05-27 日  16:44:49 |  URL | 大地 #z8Ev11P6 [編集]
田舎は確かに自然いっぱいで
空気もよいでしょうね~

僕も将来はど田舎がいいな~
半径1km以内に人家が
ないくらいのところがいいです。
2007-05-28 月  00:27:28 |  URL | 祐介 #- [編集]
そーなんですよ。
この町のことを悪く言う人って聞いたことないんですよね。
現に、「忘れられん」と言って、退職後に越してくる教員が多いんです。
ネトマのマブログに写真の一部を載せています。
まぁ、見ることもないでしょうが
( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
2007-05-29 火  20:49:23 |  URL | 握ボン #- [編集]
 田舎っていいですよね。
 私は生まれも育ちも今すんでいるところも田舎で、都会に住むということが想像できないくらい田舎が好きです。
 握ボンさんのいた田舎も良いところだったんですね。
2007-05-31 木  04:49:30 |  URL | 子育てお父さん1970 #anqzWrOo [編集]
田舎暮らし。
喘息だけでなく、いろんな子もいいと思うんですよね。
わが3兄弟だって、田舎ならもっとのびのび出来ると思うんです。
(母は少々不便で困るでしょうが・・・)
いいなー。空気もいいだろうし、そらは青いだろうし。
2007-06-01 金  14:21:02 |  URL | mido-mama #- [編集]
マッチです・・・゙;`;:゙;`;:゙;`;:゙;`ヾ(・`ε´・,,) ブ
・・・・・・・・( - ゛-) ジッーそこ突っ込まれるの待ってた?(*´艸`)ぷぷ
おまたせぇぇ(  ̄ー ̄)*キラン
2007-06-05 火  02:01:25 |  URL | たあた #- [編集]
主婦の立場だと、お買い物。旦那だったら飲み会の帰りが、ちと不安かもしれませんね。
この町だったら、一番近くの大型スーパーマーケットまで自家用車で30分。繁華街から飲んで帰るとタクシーで1万円ってところでしょうか。
郵便局は徒歩でいけるし、銀行は車で5~10分。ファーストフード店はありません。
と(ぎんぎらぎんに)さりげなく書いてみました。
(  ̄ー ̄)*キラン
2007-06-13 水  21:01:01 |  URL | 握ボン #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。