スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

所謂「いじめ」をやめさせましょう 1



いじめ根絶強調なんとかぁ~ってお堅い文書が職員室の机上にばらまかれはじめました。

教育ブログのランキンバナーをぽちっと押すと「いじめから子どもを守ろうネットワーク」っていうタイトルがいつも上位に位置されています。すみません。読んだことありませんが、皆さんの関心の高さと、ネットワーク組織のまとまりを感じますね。


ニュースを通じて、他者を死に至らしめるいじめ方をクドクドと語られることも多く心を痛めるのもしばしばでした。

そういった周囲の感心をよそに、わたくしなどは、日々淡々と過ごしているかのように振る舞っています。マスコミで取り上げられるような非道・悪態など、自分の周囲で起こったことがなかったからです。いやぁ、実は、見た目以上に神経質で、そういった問題には過敏なんですけどね。

ところが、最近、お隣のクラスで、非道いといいますか、変態的な出来事がおこなわれていたのです。




にほんブログ村 教育ブログへ



事の発端は、机の落書きでした。

「○○は、きもい」

といった内容の落書きが、ある女児の机に書かれていました。その他、その女児の名前をつかったいたずら書きが、2名の子どもの机に書かれていました。

次に、おなじ女児の体操服が行方不明になりました。

探すと、燃えるゴミ入れのなかに、丸められて詰め込まれていたそうです。

そして、その女児の水筒までもなくなりました。目立たない段ボールの箱の中に詰め込まれていました。ご丁寧に、外側をセロファンテープでグルグル巻きにしていたのです。

ちょっと、悪質でしょ?
自分は、こういうことが絶対に許せない質なので、次の日には我が学級で、さーーんざん、その手の話をいたしました。

当該学級は当然として、他の学級でも同様の話をしていたのです。
小学生のいたずらなのか、その女児のことが気がかりなのかは知りませんが、
しばらくはおとなしくなるだろうと思った矢先。

次の日の6時間目の終わり、、、、、、


「先生、、、、○○さんの道具入れが濡れています。」

その女児の荷物が妙なかんじでしめっているのです。

「それに、へんなにおいがします。」

と言われて、素直に担任がにおってみると、それは、なんと

鼻にツンと響くような、独特のあの
小水の臭いだったのです。

清掃~6時間目の間に、その女児の荷物に、わざわざ小水をかけた子どもがいるんですよ。

これは、許せない!
絶対に許したくありません!
いじめというか、犯罪というか、変態でしょ!

大人だろうが、子どもだろうが、関係ない!していいことと悪いことなんて問題でもないっしょ。

わたしは、許されないことかもしれませんが、どんな手をつかってでも、その行為をおこなった人(大人も含む)を見つけ出して、罵倒しようと思っています。

自分のクラスの子どもたちに詳細は伝えていませんが、気になって1人1人と話をしてみました。おそれていたことが現実になっているのですが、

「なんか、自分もされそうで、怖い」
「昨日、○○さんが、持ち物を隠される夢を見て、慌てて起きた」
「自分の持ち物がこわされる夢を見て、夜ねむれなかった。」

と、周囲への影響が大きすぎます。

都会の学校に比べると軽い問題かもしれませんが、とりあえず、この事件の怒りが収まらなくて、思いついたことだけを書きました。

不味いところあったら指摘してください。


にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト
教職員の服務規程 | 2007-05-20(Sun) 22:16:50 | トラックバック:(0) | コメント:(8)
コメント
すごいですね、その事例。


人間関係全て円滑にできるなんて理想論は持たないけど
イジメによっては物凄く陰湿なところがあるじゃないですか。
正々堂々と喧嘩するなら怒鳴って終わりですけど
集団でひとりを痛めつけるような陰湿で嫌らしいイジメをする子には
相当厳しく叱っていい、というか、むしろ厳しく叱るべきだと思います。

子どもに限らず大人でも陰湿な手口を使う人っているじゃないですか。
そういう人たちって幼い頃に厳しく叱って矯正されてなかったから
大人になっても子どものままなのかなぁと思ったりして。
しかも、それを恥だと思っていないからまたイタイ。
そういう姿を見ていると
『放置されてきた彼らこそ犠牲者なのかも?』
などと思ってしまいます。


叱るべきところで叱らないと
その子どもたちにとっても良くないです。
彼らはそのまま大人になってしまわないためにも。
自覚させなければ改善の見込みはありませんからね。
2007-05-21 月  00:32:05 |  URL | ダイ #QnynE5qE [編集]
いじめの問題は大変ですね。

さすがに高校にもなると
アホらしさがわかって
いじめも減るようですが、
中学くらいだと良くあるみたいです。

いじめる理由は
それぞれだったりするので
よくわからないのですが、
(ダメに決まってますが)
僕が気になるのは
いじめを苦にして
自殺する子達のことです。

別にいじめを受けるのは
彼らが悪いとかそういう
ことではありません。

自分が死んだら
親はどう思うかな?
自分が死んだら
いじめてた奴らは
どう感じるかな?

という想像力が
あってもいいのかなと思うんです。

僕自身は
殺されるなら、
逃げる、または
先に殺す、のどちらかですね~

長々すみません…


2007-05-21 月  02:47:31 |  URL | 祐介 #- [編集]
こんにちは!
うわ~・・・けっこう陰湿ですね・・・。
いじめは本当に許せないです。
小学校の対応とか興味あります。
中学校なんて「いじめはあるものだ」と普段から思って指導しておかないと
大変なことになってしまいます。
上記の内容なことがあれば、本人の意志を確認したあとで
学年集会やら全校集会なんかでも取り上げるかな~。
続き、楽しみにしております。
2007-05-21 月  07:35:45 |  URL | ママレモン #- [編集]
どうして、そんなことをするんでしょうね。
それが知りたい。
うちの長男は、感情の抑制がきかなくなると、文句言ったり、泣いたり、嘆いたりするけれど、こんな「どう考えてもやったらいけないこと」はしないです。
なんでこんなこと・・・
2007-05-21 月  11:15:20 |  URL | mido-mama #- [編集]
>ダイさん

大半の小学生は、面と向かって事実を話してやると理解してくれます。妙に遠回しにすることは勘違いと誤解を生み、危険です。問題行動を起こす子どもの場合、家庭も問題が内在していることがあります。そこで、保護者にも来校してもらい、事実をはっきり伝え、今後の対応を伝えます。相談といった形式をとりますが、包み隠さず伝え、リセットしてもらうことが一番大切だと思います。
日本の風土なのか、最近の風潮なのか知りませんが、悪いことをした子どもたちが改善されるとOKみたいなところありますよね。でも、本当に大事なことは、被害を受けた側が納得できる解決なんですよ。

>祐介さん

いじめによる自殺の報道には疑問点が多いのですが、実際のところどうなんでしょうか。我々の時代と比べると本当に増えているのでしょうか。
数の問題ではないのですが、どんな理由であれ、世代に関係なく自殺するには相当の理由があるのでしょうね。
俺は、平気で、
「あぁ~死にたい!」
って叫んでますけどね。


>レモンママさん

放っておくと他人に嫌がらせをする人って多いですよね。そんなのを見たら、
はっきりいって、いじめたくなります。
自画自賛が大好きで、実は威圧的な担任のクラスには、影でコソコソやってる子どもが多いですよね。平気で、
「わたしは、素晴らしい授業と学級経営をしているからいじめはない。わたしが担任になったから、なくなったのだぁ。」
なんて本当に思っているから滑稽です。

>mido-mamaさん

それ!それなんですよ。
それを追求していくとラビリンス入りなんですね。
「何をどうしたか。何がよくないことなのか。」で考えないと指導がアンバランスになるのですがな。
実は、個人的に、、、、、報復行為を認めがちなので気を付けています。
ただ、それを認めると「やってはいけないこと」が曖昧になるので、厳禁です。言わんとすることが書けないのでつらいのですが。
2007-05-21 月  21:36:16 |  URL | 握ボン #- [編集]
う~ん…腹ただしく、そして切ない事件ですね。
ボンさんのお怒りはもっともだと思います。

明らかに常軌を逸した行動。
いじめられている子の置かれている立場を考えると、心が痛みます。

何が子どもにここまでのことをさせるのか・・・
単なるうさばらし?
それとも個人的な恨み?
この子達の実際が分からないので何とも言えません。
が、教師として「絶対許さない」という姿勢を示し続けることが大切だと思います。

そして、その中に「子どもを信じる」気持ちを込めて。



隣のクラスとはいえ、同じ学年の大切な子どもたち。
早く事態がよい方向に向かうことを願っています。
2007-05-21 月  23:11:26 |  URL | ハルイチ #- [編集]
そうですよね。

うちの校長先生が、悪さの耐えない子供のお尻をたたいて、引きずって連れて行ったんですが、それが問題になり、新聞に載ったことがありました。そして謹慎処分。

上の兄弟はその叩く現場を見ていました。

「どんなことがあっても、手を出したらあかん!
いくらそれが正しくても、こうやって、新聞に載ってしもて、校長先生、謹慎処分になってしもてるやろ?
あかんねん。とにかく、したらあかんことはあかんねん。」
って教えました。

したらあかんことは、何があってもしたらあかん。
幼いからこそ、それを徹底せねばなりません。
それがいかなる理由でも。それがどんな立場であろうとも。

私はそう思います。
2007-05-22 火  09:55:25 |  URL | mido-mama #- [編集]
う~~ん~~
子供の指導は難しいですよね、

私は論点が少々ずれていると思いますが。
そもそも、子供の世界に大人が関与しすぎるのが、
一番の問題だと思いますね~~
子供は子供同士で解決しなければいけない問題があるでしょう。
その様な風潮が、現在の大人の無責任さにも繋がっていると思います。

犯人?を見つけ出したら、子供に解決させて欲しいですね!
・・って現場を全く知らない素人の理想論ですがね、、
いや違う、、理想にもなっていない、、無責任発言ですね。
2007-05-22 火  14:12:21 |  URL | 大地 #z8Ev11P6 [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。