スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

キャリア教育

我が小学校でも、キャリア教育もどきに取り組むことになってはや4年?
これまでに、10人程度の様々な業界の方にお世話になりました。

講師招聘に関して、そのツテや経緯など、一切知らぬまま、
今年は、6年担任が探しに捜して、8名の講師を招くことにあいなりました。

医療関係者
クラフトワーカー
社会の安全を、身体を張って守るマッチョ
自営業
普段の生活では、結構分かりづらい職種の人たち

と、結構苦労して集まった貰ったのですが、
ちょっと、ここでけちがつきまして。

校長が、疑問符を投げかけてきた職種が
「葬儀社」を経営してきた人

なのです。

自分たちは、

「人の死に直面して働く人たちのスタンス」

から、改めて生命を意識した学習につながるんじゃないかと。
それに、迷信、偏見なんかを払拭したいって意味もあって。

決しておもしろ半分で選んだ訳じゃないのですが・・・・

校長曰く、
「数多の職種の中で、なぜ葬儀社なのか、その価値がわからない」
「小学生の発達段階で、葬儀社というシゴトを理解できるか疑問」

(キャリア学習の日が、丁度授業参観なので、)
「葬儀に関するものを見て、不快に思う保護者がいるだろう」

ということでして。

どうなんでしょうね。
俺たち、間違ってますか?
学習の内容も、しっかり打ち合わせして、いい感じなんだけどなぁ。

あっ、やるのは、やりますよw

スポンサーサイト
ヒビノガクシュー | 2008-06-16(Mon) 22:45:35 | トラックバック:(0) | コメント:(6)

Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。