スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

頑張 ら ない

最近、柄にもなく、周りの人たちのことを気にしたり、思わず気になったりしてしまいます。

同学年の3人のセンセーガタには、なんか、直接言えないけど、この場をかりて、
真面目にお礼を言いたいくらいお世話になってるというか、感謝しています。

特に忙しい訳でもないのに、自分がさぼっていて
活動計画や方針が定まらないでいたら、
ドーガクネンの人たちが、積極的にサポートしてくれて、
どんどん仕事を推し進めてくれているのであって、
こんなに楽していいのかと思うわけで。

なんか嬉しいというか。
申し訳ないというか、

というか、周りにきをつかってみたり、
それ以上に、なんか世話をかけっぱなしの自分を悲観したりするばかりで、
助けて貰ってばかりという気兼ねがあるわけでして。

「あーやばい」
と、思うわけです。

なにがやばいかというと、

数年前に同じシチュエーションをみたことがあって、
できる後輩たちに囲まれて、
自分を悲観したのか、心的な抑圧に屈したのか、
職場を長期離脱した人がいたんだなぁ

周りにできる後輩が多いと、
「なんて、駄目なオレ?」
とか自分を悲観してしまっちゃったりしそうじゃないですか。

「オレなんかいなくても、というか、自分がいないほうがいいんじゃないか。」
とか、思ってたのじゃないかと想像できます。

そのせいで、やる気おきなくなったりしたんじゃない???

もしくは、
「よし、オレは、もっと頑張らないといかん」

と、力以上のことをやってみようと思い立ち、
馬車馬みたいに働いてみたものの、
力及ばず、リタイヤしそうでもあります。



う~ん。いかん。いかんぞ。それは!!

そこで、ここにこそっと宣言するのですが、

自分は、これからも、あんま頑張りません。
あはは。

周りに出来る奴が多くて、ラッキーだ!!
と、素直に頭をもたれさせてもらいます。



尊敬する神父様に、
20年に、こんなことを言われました。

「神父様、おれ、頑張ります。」
「ニギリクーン。ダメー。ガンバル、ダメー。」

「は?」
「ガンバル ハ、ガマン スル コトデース。
 ガマンシテ、ドーシマスカー。
 ガンバル ンジャナクテー
 タノシミナサーイ。シゴト タノシーヨー。」

つわけで、五輪前の千葉すずじゃありませんが、

これからもマイペースで、楽しいことの言いたい放題、
楽しいことのやりたい放題でいこうかと。
あー。ドーガクネンの人がリタイヤしたら、どーしよー。


スポンサーサイト
未分類 | 2008-06-10(Tue) 22:03:02 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。