スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

学校の世界負遺産

小学校の校長先生には、
もうすぐ定年退職される方が多いのですが、
なんか、だんだんお年を召してくると、
教職として生きた証を実績として残したくなっちゃうみたいですよ。
教員ではなく、教育公務員なんですがね。

ある校長は、
「うーむ、地域との連携を図ろう」
と、目的不明の大会合をはじめます。
「なんか、話が噛み合ってませんよー。」
と意見すると、
「集まることに意義があるんだ。」
だそうです。

次の校長は、
「そうだ、クラブ活動に地域の人をボランティアティーチャーとして招聘しよう」
と、詩吟やら琴やら花屋さんやらアマ写真家や社交ダンサーやらを
校長のツテで集めたはいいものの、
「校長先生ー、社交ダンスとか琴のクラブとか希望者は0ですけどー」
と話しかけると
「それぞれ10名は配置しなさい。」
と業務命令されました。

別の校長は、
「総合は、地域の老人会と交流をしよう。」
と、なんかご近所の人に頼まれたらしくて、突拍子もなく提案してきたので、
「3年生の昔のくらしですか?生活科じゃだめですか?」
と聞いてみると、
「失礼があったら困るので、6年生にしなさい。」

「え?なんか目的があるんですか?」
と問い直してみたら、

「そうだ、6年生が老人会で、
 5年生は、なんか小さな子どもたちで
 4年生は、障害のある人たちってのはどうだ?」
という結論にまでなっちゃいました。

またまた、別の校長は、
劇とか音楽とか朗読の発表会を毎月開催して、
各々のクラスが全校の前で発表するようにしよう。

あー、それいい・・・と、思っていたのですが、
「校長先生、全クラスが発表するのだったら、
 最後の発表会は、
 6年生を送る集会の次の日にしか、できませんね。」

あぁ、これは過密日程のせいか・・。

他の校長がはじめたという、
地域の民生委員との会合なんかは、
2時間かけて、民生委員からの子どもの生活態度についての
悪口大会になってるし。

それで、何に不満があるのかというと、
それぞれの校長が実績としてのこしていかれた、
上記のイベントの全てが、未だに実施されているってことなんです。

おかげで、うちの学校の職員は、
だれのために、何の仕事をこなしているのか、分かんない状態になっていますね。
まぁ、いっこずつのお仕事というか、活動は、そこそこおもしろいけど、
正直言ってお腹いっぱいです。

しかし、
「いやぁ、うちの学校では、こんなことやってるんですよ~。」

とか、

「ほら、うちのあれ、あれはじめたのは、わたしなんですよ~。」

なんて得意気に話してるだろうなぁ。

うーん。だれも褒めてくれないから、自分から話してるんだろうなぁ。
意外と、ブログなんかで自慢してたりしてw

そういう自分は、

「あれ、やめさせたの、オレだから」

って得意気に吹いていまわりたいのですが・・・。

にほんブログ村 教育ブログへ



スポンサーサイト
こんな仕事もしています | 2008-05-29(Thu) 21:04:34 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

嫌がらせですか?

明日は、我が校の運動会です。
運動会準備が慌ただしい、昨日の金曜日のことでが、
教務主任がわたくしを呼び止めます。

「握ボンセンセー。
 中学校の校長さんから電話があってですねー。」


「(露骨に遠い目で)何?忙しいんだけど?」

「なんか、お昼の応援合戦の直前に、
 中学生が6弾ピラミッドをつくりたいって。」

「は?何のために?」

「いやぁ、なんか、
 小学生を応援するためだって。」


「馬鹿じゃないの?
 小学生もピラミッドつくるんだけど。
 そんなん作られたら、小学生の頑張りがかすむじゃん。」

「まぁ、お昼休みの直後で、
 なんか、生徒のたっての希望らしくて。
 校長さんもウンと言ったらしいんだけど。」


「へ?やりたかったら勝手にやればいいじゃん。
 つか、嫌らしいでしょ、
 これ見よがしで。
 上手に出来たから、得意気になって、
  見せびらかそうという根性が浅はかでしょ。」

と、怒りをあらわにしながらも、
受けてしまったものは仕方がないと言っていたら、

その話を聞いたウチの同学年の熱い男が大激怒!!

「そんなものを見ても、いらだちしか感じないでしょ。」

と、これまでの運動会に向けた練習で
主となって活躍してきた彼にとっては、
もうとりつく島もないくらいの大爆発

まぁ、彼も自分も担任した卒業生とはいえ、
あまりの配慮のない申し出にあきれて大声で愚痴っていたら、

校長さんもやっとまともな思考になったのか、
中学校におとこわりの電話をいれていました。

ピラミッドつくりたいなら、砂漠に行けと言えばよかった。
ゲーセンでもいいか。

U-12の大会に、2世代上がやってきてどうするよ。
ピラミッド作るのはいいけど、
オナニープレイは自分の庭だけにしてくれと。

にほんブログ村 教育ブログへ



こんな仕事もしています | 2008-05-24(Sat) 20:41:45 | トラックバック:(0) | コメント:(3)

全国学力テスト 学習状況調査のネタ その1

4月22日に行われた全国学力テストですが、

58億円もつかいやがって~
これやっても学習の習慣はかわらんだろ~
なんでベネッセじゃ~。いくら儲けた~

と色々騒ぐ人もいましたね。(いたっけ?)

当然、わたくしの学校・学級でも実施したのであります。
かまえて実施したのですが、正直、どうってことはありませんでした。

子どもたちにしても、半日かけてやっかいなテストをしたぐらいの感想でしょう。

ところが、これを重く受け止めて、進研にじゃなくて真剣に取り組む人も
世の中にはいるものです。

うち(自宅)の近所の学校の様子を聞いて\(◎o◎)/!

5年生からクラスごともちあがった中年男性教諭です。
そのクラスは、6年生になってからも、4月21日までは、
6年生の教科書類は、一切つかわなかったというのです。

専科の授業以外は、ずぅ~~~~~~~~~~~っと
5年生の復習!!
国語と算数ばっか。

いやぁ、素晴らしい。
1人ひとりを大切にして、確実に学力を定着させようとする、
子ども思いの先生ですね。

3月までに、6年生の学習が終わるようにがんばって ほしいです。
是非、来年の4月以降も、卒業生を呼び出して、
6年生の復習に取り組ませてください。(*´艸`)ぷぷ

にほんブログ村 教育ブログへ

痛い先生 | 2008-05-18(Sun) 06:30:46 | トラックバック:(0) | コメント:(3)

こんな仕事もしているので。

卒業した6年生の、中学1年生のクラス編成。
卒業した6年生に関する諸々の引き継ぎ。

そんなのって、いったいだれのためにやってると思われるか?

そりゃ、子供らがすすむ中学校のためでしょ。

じゃーーー。なんで、それを中学校でやる?
つか、なんで、中学校からその日程を指定してくる?

用があるなら、用がある奴が尋ねてこい!
いつ何時がよろしいか、お伺いをたててこい!
わざわざどうもありがとうございましたと言え!

と、まぁ、これって、教員特有のアレかもしれませんが、
中学校との連絡会って中学校であるし、
その日程は中学校からピンポイントで時間指定してくるわけで、
これがまた、中途半端な時期で時間だもんでハラタツ。

この前の3月なんか、最低だったらしくて。

昨年度の6年担任は、卒業式の次の日の9:00を指定されて、
言われるがまま、中学校に自家用車で向かったのです。

到着するなり、中学校は正門付近を工事中。
工事車両が乱雑に駐車し、ユニックやらなんやらで、
車が通るか通らないかというスペースをなんとかギリギリ通して入校。

そんで、なんとか学校の敷地内に入ったはよいものの、駐車スペースが皆無。
ドアも開かないような極狭な場所に、バンパーをこすりながら、なんとか駐めて、
校舎内に入った時間が9:05分

すると、会議室で出迎えた中学校の教務主任が一言

「遅かったですね。もう、こないのかと思っていました。」

キーーーーーーー・

この女教務主任は、「まだ、こないんですか?」と2回も小学校に電話していたらしい。

さらに言えば、持参した指導要録の写しに「原本と相違ありません」と印がないから、
押してきてくださいと言った・・・らしい。

うーん。自分たちのために仕事してきてくれて、わざわざお越し頂く人たちへの
対応がそうなんだから、中学生に対してもそれなりでしょうね。

この中学校が荒れるのが、なんか分かった気がしました。

にほんブログ村 教育ブログへ

こんな仕事もしています | 2008-05-13(Tue) 22:36:41 | トラックバック:(0) | コメント:(3)

できないというよりも、したくない

( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
はじめに笑い飛ばす程度の愚痴というか、
「そんな些細なことを愚痴るから(公立)ガッコのセンセは遣えないのだよ!」
と我に突っ込みをいれよう。


3月に小学6年生は卒業し、それから2週間ほどたってから
中学校に入学するわけです。

その際・・・・うちの地域だけなのかもしれませんが、
中学1年時のクラス編成は、確証学校で執り行うことになっています。
まず、これが、意外に苦痛。

例えば、うちの学校は、4クラス/学年です。
当然、中学校では、近隣の小学生が集まるわけですから、
7クラス/学年になるわけです。

うーん。つまり、125名÷7クラスとなり  

17~18名/クラス なのですが、
当然、小学校時の4クラスから均等に振り分けるわけで、
自分のクラスを男女それぞれ2~3名ずつに組み合わせるのです。

これが、思いの外、組み合わせる条件が厳しい!!

学力、運動能力、家庭環境、生活習慣、過去の問題行動、
そして、なんつっての、相性があるわけです。

晴れて中学生になったときに、小躍りしながらガッコへ通えるようにと
願いを込めながら組み合わせるのですが、うまくいかない。

更に、中学校からは、

「♪合唱コンがあるので、ピアノが弾ける子どもは、振り分けてください」

バホ!(馬鹿でアホ)

しるかっつうの。音楽担当が弾けよ!

「♪この一覧表に記入してくださいね」

と教務からもらった紙には、各児童の成績、運動能力、過去の問題行動、住所、連絡電話、
さらに、保護者が学校に協力的かどうか、なんてそんなこと、入学する前に聞いて
どうするのって感じのことばっか、書かせるわけです。

暇ならね、いいんですよ。暇なら。

こっちは、週に27コマ授業をしているわけで、それが終わると、
当然のように、必要感を感じない会議関係に拘束(熟睡)されちゃうんだなぁ。
1~2年間関わってきた教え子たちのためとはいえ、
そこまで立ち入った個人情報を目一杯記入させられたら、

ちょっとめげますね。

つか、中学校の先生って、あれ全部見てるのか?
どうかんがえても、活用できないでしょ。

それよりも、先入観で見られそうで、嫌。
でも、これが
できないというよりも、したくないことじゃなくて、

本題はつづくわけです。




教職員の服務規程 | 2008-05-09(Fri) 22:43:29 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。