スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

こんな自治体ってあり?

うちの学校の新2年生のはなしです。

年度末、3月31日現在で121名!!

この人数にぴんと来るあなたは、40人学級の息苦しさを味わった方ですね。

現在、小学校の1学級の定数は40名。
1学級あたりの人数が40名をこえると、もう1学級増えます。

ある学年の子どもの総数が
40名だと、1クラス。
41名だと、20名と21名の2クラス。

というわけで、うちの学校の新2年生が121名ということは、
ぎりっぎりの人数なのです。

1組 30名 
2組 30名 
3組 30名 
4組 31名
計  121名

となるのですが、万が一、始業式までに1名でも転出した場合、

1組 40名
2組 40名
3組 40名
計  120名

と、ちょっとばかり、たいへんなことになるのです。。。。。

この状態は、かなり微妙です。なんつっても、仕事の量以上に、
教員1人増える人件費が関わってくるからです。

ですから、教頭を中心に、半日毎に在籍の確認をします。。。。

が、、あれ?変。

だって、うちの自治体は、低学年35名学級制度を取り入れているはずですよ。
つまり、1学級の定数を35名にしてるんです。

そうなると、学級増の基準が 35の倍数になるから、

 35名   まで  1クラス
 70名   まで  2クラス
105名   まで  3クラス
140名   まで  4クラス
とこの人数を割り込んだ時点で、学級減になるはずです。

在籍が121名だろうと、120名だろうと、4クラスであることはかわんないはずなんだけどなぁ。

気になったので、教頭にたずねたところ、

「市は、35名学級制度をとりいれてるけど、県は認めてないんだそうだ」

Σ(΄ロ`ノ)ノエェェエェェエナリカズキ

そんな自治体ってあり?

結局、始業式の日の在籍が121名だったから事なきを得ましたが、
もし、120名だった場合どうなってたんでしょうね。

吐き気がしました。

にほんブログ村 教育ブログへ

スポンサーサイト
教職員の服務規程 | 2008-04-13(Sun) 22:39:53 | トラックバック:(0) | コメント:(7)

Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。