スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

給食にかかる時間

昨日、日本の給食時間は短いのではないかと、
祐介さんに指摘されました。

確かに、短い。
そういうものだと信じ込まされ、ずっとそれでやっているもんだから、
皆、それが普通だと思っているはず。

(1)小学生40名が、まず身なりを整え、執拗なまでに手を洗う。
(2)【うちの学校の場合】列になって、2フロアしたまで移動する。
(3)渋滞している人の列をしばらく待つ。
(4)小学生12名で、40名分の食事と食器を2フロア上まで運ぶ。
(5)配膳する人は、丁度40等分になるように、おかずを注ぎわける。
(6)全員に行き渡ったら、来ていたエプロンを脱ぎ、たたんで着席。
(7)呪文のように感謝の意を唱える。

(8)楽しく食べる。しかし、ふざけてはいけない。
  
  でかいジャガイモが4cm大に2分されていようが、
  どんなにニンジンが固かろうが、
  また、見たこともないような料理であろうか、
   カレーに干しぶどうが入っていようが、
  
  絶対に「まずい」と言ってはいけない。
  但し、「これって、ちょっと苦手です」
  って、はにかみながら言うのはよし。

(9)食べかすを一切残さないようにいして、
  食器かごに皿を収める。
(10)プラゴミと牛乳パックを極限まで圧縮して、
    ゴミの「体積」を小さくする。
(11)2フロア下の給食室に、使った食管と食器を戻す。

ここまでを たったの45分間でおわらせないといけない。
よく考えたら、かなりの密度の活動ですね。
4校時が家庭科・理科・音楽などだったら、そこからの
移動も含めて45分間の給食の時間なんです。

実は、前の学校で、この「給食の時間」が職員会議に取り上げられたことがあります。

発端は忘れましたが、どなたかが、

① 給食の時間(45分間)
    ↓
② お昼休み/職員の休憩(45分間)
   ↓
③ 掃除の時間(15分間)

であったところを

① 給食の時間(45分間)
    ↓
② 掃除の時間(15分間)
   ↓
③ お昼休み/職員の休憩(45分間)

にしようと言い出したのです。

この案には、なんの興味もなかったのですが、
食事後の食べかすって、結構気になるほうなので、
いっそのこと掃除した方がいいのでは?と思っていたので賛成。

それで、校長の承認がおり、給食~掃除の日課がはじまって、
3ヶ月後。

低学年の先生の苦情で、元の日課にもどされました。

『1年生の子どもは、掃除がはじまってからも、給食を食べ終わりません。
 掃除の時間が確保できなくなるので、日課を戻してください』

すると、職員一同が、

『そうか、そうか、そりゃたいへんだったですな。
 こりゃきづきませんで、そ~れは、元に戻しましょう。』

と同情のコメント。

ん?ん?なんか、変じゃありません?
おかしい!と思い、遠慮しがちに意見を言ってみました。

「食べ終わらなくって、掃除に間に合わないのは、
 給食にかかっている時間に問題があるんじゃないですか?
 
  掃除とお昼休みの順番を変えるという問題でなく、
  給食のための時間が、連日45分を超えているのであれば
  あと5分・10分でも給食の時間を増やすのが妥当だと思いますが。」

って、思わず口にでちゃったんですが、

校長・教頭・教務・他の職員一同
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

無視!

なんか、だんだんエキサイトしてしまって、その後も
いろんなこと話したのですが、、、、なんだったけと思い出せないほどのこと。

でも、変だと思いませんか?
食事の時間ですよ。

しかも、楽しく食べろって指導を受けているし。
それで45分間で終わろうなどとは虫のいい話じゃないかとおもうわけで。



スポンサーサイト
授業時間 | 2007-07-09(Mon) 22:27:20 | トラックバック:(0) | コメント:(11)

Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。