スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

熱い漢! 涙する教員



6月の下旬頃になると、
“通知票の所見に何書こっかなぁ"

と、メモを漁るだけ漁って、余裕かまして
結局後回しにしちゃうんですよね。

そんな様子がストレートに観られているわけで、

「あなた、絶対、大人のADHDよ!」
って言われたこともあり。

そんときは、
「だから?何?1つの才能だけど?」

と軽く受け流しました。
分かっていても
言われてしまうと気になるものでして、

『え?そうなの?』

とチェック診断表を見ながら、
あまりに付いてしまう × の数に

『もっともだ』
と頷いたものです。

しかし、この20年間もの間、
この仕事をなんとか続けられてきたわけです。
そうであったとしても、
何ら問題はないと信じたい。

しっかし、面と向かって告知するなんて
非道いですよね。
笑えるのが、SCにこの話をすると、
否定しなかったことなのですが・・・・。

と、まぁ、どうでもいいことが気になってやまないことや、
多忙を極めて、やる気がなくなってくると、
ある1人の漢!の教員を思い出すようにしています。

その漢は、建築関係の仕事をしていました。
1年間勤め上げたときに、ふいに思いついたのです。

「小学校の先生になりたい!」

思いたったが吉日で、いきなり退職し、通信講座で
教員免許をとります。

そして、晴れて小学校の教諭として採用されました。

にほんブログ村 教育ブログへ 



“熱い漢! 涙する教員”の続きを読む>>
スポンサーサイト
思い出話 | 2007-06-21(Thu) 21:33:25 | トラックバック:(0) | コメント:(3)

Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。