スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

給食費、払わないとこの子、よく食べる

 

給食の未納が新聞やテレビで取り上げられてきました。

わたしたちとしては、「やっとかよ」といった安堵感と「何やっても無理だよね」といった諦めが半分ずつというところでしょうか。

給食費って、わたしが支払っている金額を思い出してみると1ヶ月3,700円です。毎日栄養のバランスを少しは考えた昼食を、太らない程度に食べるには,かなりお安い金額だと思います。給食を食べる日が、年間190日だとすると、215円未満で毎食食べていることになるんですね。安売りしたのり弁が220円?でしたっけ。それより安いじゃないですか。

 

先日、わたしを含んだ数人が校長室に呼び出されました。話題は、「給食費」です。

校長先生は、こう切り出されました。

 

給食費をひどく滞納している子ども(家庭)の担任の先生に集まってもらいました。」

その後、どれくらい滞納しているかについての説明です。マスプリされた一覧表を見ながら説明を聞きます。まとめると次のような家庭のことが詳しく話されたのです。

 

(保護者Aの家庭)

 6年生の男児。2年生の4月より5年間滞納している。給食費の銀行口座はあるが、残金が0円。あと2ヶ月で卒業してしまいまし。このまま卒業してしまうと、

 

  1ヶ月 3700円×11ヶ月×5年間 =203,500円

    (わたしの地方自治体では、8月は給食費を払いません。)

 

(保護者Bの家庭)

 6年の男児。入学してから1度も給食費を払ったことがない。

 あと2ヶ月後に卒業すると。。。。。

  1ヶ月 3700円×11ヶ月×6年間 = 244,200円

 さらに、4年生の妹の分を合わせてみると、

1ヶ月 3700円×11ヶ月×4年間 = 162,800円

 

244,200+162,800 = 407,000円

 

ゴリラじゃなくともウホッと言いそうな額ですね。。。1日215円でもたまりにたまると、とんでもない額になるものです。と聞きながら思い出していた給食の時間。。。。こいつらよく食べるんだよなぁ。。。。と、上の空で聞いていたら、校長先生の顔がみるみる紅潮し(^_^)、怒気を含んだ声になってきました。やぶさかでないと思うやいなや、その口から信じられない言葉がハッせられたのです。

 

「ということで、担任の先生が、これらの家庭に電話を入れて、次の月からの支払い確約すること。」

 

なななななーなーなー、口をあんぐりと開けていると、矢継ぎ早に。。。

 

「そして、これまで支払っていなかった分は、分割にして数年のうちに完納させること滞納記録が残ることをきちんと伝えてください。以上」

 

いじょうっって、そりゃないですよ校長さん。

わたしたちに、借金の取り立て屋をやれとおっしゃるのですか。と思ったところで、いつも完璧な理論で他を圧倒する校長先生なので、(わたし程度には)反論の余地がないのは分かり切ったことです。

「はいっ」

と返事だけして、ばっくれようかとも思いましたが、その後の経過を尋ねられることなどが当然なのです。こりゃ、やるしかありません。

 

諦め半分で電話します。こんな電話は夜にはかけられません。児童にその雰囲気が伝わると、あまりにもかわいそうですよね。呼び出し音を聞きながら、早くすませたい気持ちと、出てくれるなという気持ちが見え隠れします。

「がちゃ。・・小学校のボンバルです。××さんのお宅ですか。」

「はい。××です。」

「いつも、お世話になっています。・・・・・子どもの話や世間話・・・・・。ところで、大変申しにくいことなのですが、、、、」とにこやかな話から一転してシリアスに

「なんですか?」

「実は、給食費の事なんです。」ええぃ、言ってしまえという開き直りのような

「あぁ、すみません。いつも、忘れてしまうんですよね。」・・・・・・・

 

へ?やけにあっさり。テレビの報道番組よろしく「義務教育だから無料だろがー」とか言われるものとばかり思っていたのに。拍子抜けです。ここぞとばかりに、

 

「はい、それなんですけど、ご兄妹の二人分を合わせるとですね、大変な額が未納になっているんじゃないかと思うんですよ。」とさも人ごとのように。

「すみません。ご迷惑をおかけしています。」といたく恐縮され、

「ええ、そこで、とりあえず、今月分だけでも現金で支払われませんか?残りの分は、給食事務の者と相談してですね。少しずつでもいいから入金されるといいと思いますが。」

「わかりました、明日お伺いします。」

と、僅か5分の出来事でした。

 

ぎょぎょぎょ。これぞ、担任の威光?普段の行いの良さ?

いったいなんでしょうか、この軽さは。

 

次の日、その保護者が学校へ来られたそうです。そして、兄妹2人の1ヶ月分の給食費を現金で支払っています。そして、この人は、その後も給食費を支払い続けたそうな、めでたしめでたし。と言いたいところなのですが、、、、

 

実は、これは丁度1年前のお話なのです。その後、兄は無事卒業しました。そして、妹の方はというと、、、、あれから、1年間、給食費は支払われていません。そして、それまでの分も当然のように未納のままです。

 

また、いつ、校長室に呼ばれ、取り立て屋をさせられるのかと思うと、眠れない夜が続きます。

にほんブログ村 教育ブログへ

スポンサーサイト
こんな仕事もしています | 2007-01-31(Wed) 18:01:19 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

どうやって授業してる?先生って何でもできるの?

学校の実情を知らない人たちがよく思うこととして、

小学校の先生っていいよなぁ~。簡単な勉強教えて、遊んで、気に入らないと怒って。」「夏休みがあるっていいよね~。」

「普通の役人より給料高いんだよね~。」

そう、そうの通り。すごく楽な商売なんです。三日やったらやめられません。

(本当は、半分正解、結構鬱陶しい仕事たくさん抱えます。)

でも、そういうと、フォローするように、こんなことを言う人もいますね。

「大変ですよね~。小学校って。だって、何でも教えないといけないから。全部できないといけないんでしょ?全教科覚えていないと。」

 

( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

笑い飛ばしましょう。これが、そもそも小学校の先生に高いステータスを与えてしまった盲信です。小学校の先生は、プロ野球選手にたとえると、うぅ~ん。巨人の栄村かな。(*´艸`)ぷぷよけいにわかりにくいですね。つまり、結構器用そうに見えるんだけど、実は、これといった武器がないので使えない代物なんですね。つまり、

 

・「どんな教科でも受け持つ」≠ 「何でもできる」 ←間違い

・「とりあえず、何でもやっとけ」 = 「何もできなくていい」

 

というイメージが実際の先生たちに近いと思ってください。学校には、いろんな教科の学習に堪能な先生が多くいます。しかし、なんでもこいのマルチな人間なんてほとんどいません。

では、学校の先生は、どんな授業をどうやって行っているのでしょうか。

 

                    

  教員歴2年目の藤原先生の国語の授業(ちょっと除いた瞬間)

        

1  「さぁ、みなさん。教科書の45ページをあけましょう。」といって国語の教科書を開く。

   よく見ると、藤原先生の教科書が、分厚いぞ。

2   「○○が・・・・・したとき、どんな気持ちだったと思いますか。」

   なんか、藤原先生が流ちょうに話しているなぁ。と、淡々と授業は進んでいく。

3   授業が、終わった後に、学級の子どもが近寄ってきて、

    「先生。その教科書見せて。」と聞こうものなら、

    手をチョップしながら 「だめだめ」と遠ざける。

     

これは、かの有名な赤本というやつです。児童が使っている教科書の行間に朱書きで、指導のポイントはおろか、先生が質問する言葉と模範解答がぎっしり書き込まれているのです。値段は確か5~6千円?

つまり、授業の台本ですね。二日酔いだろうが、寝起きだろうが、授業の始まりとともに、この赤本を読むだけで授業になります。

え?ずるい?ところがどっこい、赤本をないがしろにしてはいけませんよ。その時間の重要なことがきちんと書いてあるんだから。必要十分な内容を、ちゃんと、伝えられます。

伝えるだけですけどね。余計な知識を教えないから、へんにだらだらした授業よりも、すごくためになる授業になることが意外と多く。少しなさけないことですが。

     

     今度、古い赤本があったら、画像アップします。

     わたしの学校では、個人で持っている若い人はいますが、

     予算削減でここ数年、備品としては買っていません。)

 

つづく

 

栄村さんごめんなさい。あなたは、足がはやかったよ。

にほんブログ村 教育ブログへ

授業時間 | 2007-01-29(Mon) 22:01:32 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

必ず通学路を守りなさい!寄り道はいけません!

入学説明会などで

「通学路をきちんと守らせてください。」

「寄り道は禁止です。」

「帰りがけに、ランドセルを背負ったまま

 遊びに行くのは禁止です。

 必ず家に帰ります。」

などと、どの学校でも必ず繰り返しているはずです。

 

それは当たり前のことでしょう。

事故でも起きたら大変です。

しかし、通学路云々は、ひどく強調されます。

実は、そのことは、

我々現場の人間にも口うるさく言われることなのです。

 

校長先生がたは、

「登下校の安全指導をきちんとしてください」

と宣われます。

 

それは、そもそも

「子どもの登下校の安全は学校が責任を持つ。」

という決まりがあるからなのです。

登下校中に子どもが事故にあってしまうと、

学校外のことであるにもかかわらず、

学校の責任問題になるのです。


もし、下校中に交通事故が起きた場合、

学校の安全指導の責任が問われます。

指導がなされていない場合は、

校長が責任をとらないといけないのです。

 

ここで注意してほしいのは、

責任問題になるのは

「安全指導をしたか、していないか

だけなんです。


その指導が効果的であったかどうかは別にして、

したか、していないか」が重要なのです。

つまり、私が帰りの会の終わりに


「車に気をつけて帰りなさいよ。」

「明日の朝も気をつけてね。」


と声をかければOK。

 

児童が事故に遭遇すると、

現場の責任者には報告義務がうまれます。

安全指導をしたという事実が確認されるだけで、

学校(を統括する校長)は、

その責任を幾分かは逃れることができるのです。


反対に、安全指導の事実が曖昧ならば、

事故は学校、担任、最終的に校長の責任になり、

処罰されてしまうおそれがあるのです。


それが、児童本人の不注意であったにせよです。


児童の心配もそこそこにして、

自分の評価が下がってしまうことにもなりかねないのです。


だから、やたらと強調して唱えるんですね。

 

はい、私はほぼ毎日次の台詞を

一斉に唱えてからさようならです。

 

「車にきをつけて帰ります。」

「知らない人についていきません。」

「まっすぐ家に帰ります。」

 

これで、自分に責任はありませんから。

( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ FC2 Blog Ranking


教職員の服務規程 | 2007-01-28(Sun) 20:47:31 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

遅刻?子どもより遅く学校にやってくる先生がいる?

子どもたちが集団登校しているお世話をしていると、

遅刻ぎりぎりの時刻に、

自家用車をぶんぶんとばしながら

正門につっこんでくる先生が1~2人いませんか?

 

うちにもいるんですね~そういう人が。

この前は、じゃまな子どもたちに

クラクションならしていました。

(というかあなたが登校のじゃまなんですが)

 

なぜ、そういったことになるのかというと、

これは地方によって違うのかもしれませんが、

私たちの地域では、


・子どもが学校に到着していないといけない時刻

・職員の始業時刻


 の2つが同じなんです。

 

これって、変だと思いません?

子どもたちが学校に向かって歩いている時間帯は、

仕事中ではないんですね。


つまり、先生たちは、

子どもたちの登校については

お世話しなくていいいということなんです。


そして、そんな先生の学級では、

朝教室に入った子どもたちは野放し状態なのです。


たとえ校長の立場でも、

「もうすこしはやくきてください。」

って言えないんです。

裁判になったら負けますから。

 

でも、普通の親の感覚ならば、


先生たちにも、子どもの登校の様子をみてほしい。

教室で迎えてくれて、様子をみたり、声をかけたりしてほしい。


一緒に歩けというわけではないんですから、

あと30分はやく登校して、教室にでもいてほしいですよね。

 

遅刻ぎりぎりの先生に向かって、

私が軽口で責めるようなことを言おうものなら、


「主婦は、時間ぎりぎりなのよ。

 わたしも、子どもおくりだしてからきてるんだから。」


と逆ギレされてしまいました。

( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


集団登校のお世話や、挨拶運動をしている

お母さんたちは、もっとはやい時間に家事を済ませて、

学校に向かっているのにね。


昔から思っていたのですが、

教員の勤務時間をあと15~30分早めるべきです。

 


それができたら、意外と多い登校直後のトラブルもへるし、

静かに落ち着いて朝の活動に入れるんじゃないかな。



教職員の服務規程 | 2007-01-27(Sat) 13:50:41 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。