スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

どんなものが売ってるのでしょうか

頻繁に煩雑な様子で訪ねてきてる車ですが、
お店ではどんなものが売っているのかを、
一度はみてみたい。
stupid


スポンサーサイト
痛い先生 | 2009-01-04(Sun) 22:26:01 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

全国学力テスト 学習状況調査のネタ その1

4月22日に行われた全国学力テストですが、

58億円もつかいやがって~
これやっても学習の習慣はかわらんだろ~
なんでベネッセじゃ~。いくら儲けた~

と色々騒ぐ人もいましたね。(いたっけ?)

当然、わたくしの学校・学級でも実施したのであります。
かまえて実施したのですが、正直、どうってことはありませんでした。

子どもたちにしても、半日かけてやっかいなテストをしたぐらいの感想でしょう。

ところが、これを重く受け止めて、進研にじゃなくて真剣に取り組む人も
世の中にはいるものです。

うち(自宅)の近所の学校の様子を聞いて\(◎o◎)/!

5年生からクラスごともちあがった中年男性教諭です。
そのクラスは、6年生になってからも、4月21日までは、
6年生の教科書類は、一切つかわなかったというのです。

専科の授業以外は、ずぅ~~~~~~~~~~~っと
5年生の復習!!
国語と算数ばっか。

いやぁ、素晴らしい。
1人ひとりを大切にして、確実に学力を定着させようとする、
子ども思いの先生ですね。

3月までに、6年生の学習が終わるようにがんばって ほしいです。
是非、来年の4月以降も、卒業生を呼び出して、
6年生の復習に取り組ませてください。(*´艸`)ぷぷ

にほんブログ村 教育ブログへ

痛い先生 | 2008-05-18(Sun) 06:30:46 | トラックバック:(0) | コメント:(3)

噂の教頭

だれもが、好んで関わることを避ける、うちの教頭ですが、
彼の愚行の数々に驚く人は、実は多くはなかったのです。

この3年間というもの、所謂「想定内」の出来事続きでした。

それは、なぜかというと、丁度今を遡ること三年!
人事異動で今の教頭が赴任してくることが分かると同時に、
うちの職場は騒然となったのです。

知人からの電話がかかってきた同僚が何人いたことでしょうか。
そして、その電話の主たちから、
驚くような事件の数々を聞かされたのです。

いくつか紹介してみます。

その1

「若手をいびる」

教職経験の浅い若者で、気弱な人をみつけると、
いじめのターゲットにして、ことある毎に難癖をつける。
どうでもいい書類の不備、服装、髪型、話し方。
なんでもないことに無理矢理あらを探して、
いちゃもんをつけるので、要注意だ。


その2

「弱いものにはめっぽう強く、強いものとは向き合えない」

実践家やある程度年数が経ち、もののわかった教員には、
気持ち悪いほどしつこく親切。

強い口調で話しかけられると、落ち着きがなくなり、
「先生の仰るとおりです」とオウムのようにくり返す。

逆に、法律や学校の仕組みを知らない若手には
口からでまかせばかり説いて脅すから質が悪い。

校長不在の日に、新卒教員を校長室によびつけ、
いかにも自分に人事権があるもののように振る舞い、
いじめて泣かせたらしい。

しかも、自分が泣かせたことがばれないように、
職員室から見えない出入り口から退出させるなど、
浅ましさは群を抜く始末。

そして、ベテランの人でも、
何も言い返さない人や校長のお気に入りでないなど
バックボーンのない人には、結構強い。

そして、最低なのが、それまで媚びていた相手であっても、
その人が校長に厳しく注意されようものなら、
手の平を返したように嫌味を言い、難癖をつけはじめるから最低。


その3

「手癖が悪い」

職員室のものがなくなる。
小は職員室に置いていた菓子がなくなる。
冷蔵庫に入れていた飲み物は、
ペットボトルに極少量だけ残してあとは飲み干される。

大は、パソコンのデータが消される。

教頭に正論で向かって、論破した人の車は、
数日後にパンクしている。

ある時は、自宅に駐めていた自家用車に
コインのひっかき傷がつけられたことがある。


その4

「・・・・・・・・」

10年ぐらい前なのでしょうか・・・
いかにも人事権が自分にあるもののように振る舞い、
その学校に勤めていた臨時採用の女性を
無理矢理に暴行したらしい。

そして、その後妊娠が発覚・・・・・

知り合いに、力の強い代議士がいるらしく、
もみ消してもらったそうです。

その子は、そのまま退職して
今はどこにいるのやら・・・っって本当???


と、1週間ほどかけて、こういう噂話を聞かされ続けていたので、
ある意味免疫ができてしまっていたのか、

この3年間というもの自分にとっては、どうでもいい教頭でした。
ある意味楽しめました。

それよりも、教頭が来年度赴任する
次の学校の職員たちは、今頃、、どうでしょうか・・・
お友達がいるので、明日にでも電話してやろうかと。。。( ´,_ゝ`)プッ

あぁ~、そういえば、数日前に教頭さんが、
なにげにこんな事を話しかけてきましたよ~

「法律のことで困ったら、相談してね。
 すごい知り合いがいるから。
 紹介するよ」

って

う~ん。

にほんブログ村 教育ブログへ

痛い先生 | 2008-03-26(Wed) 00:46:31 | トラックバック:(0) | コメント:(5)

教頭の口からでまかせ 2

教頭の口からでまかせから時が過ぎること2ヶ月と半。

卒業式の前日のことです。

その人数に対して、
下足置き場が圧倒的に少ない我が校は、
卒業式など、参加者が多数見込まれる場合に、
臨時下足室をつくります。

といっても、廊下に新聞紙を敷くだけですが。
新聞紙が並べ置かれた講堂の側の廊下の端は、
なんか、一昔前の修学旅行の列車の中みたいですよ。

ん?わかんねーか。まぁいいや。

そして事件は起きました。
場所は、我が校の正式な(?)玄関付近です。

卒業式の当日、そこは、多くの来賓でごった返します。
ふざけているのだろうと思うぐらいに多数の来賓の下足は、
その玄関のたたきに置かれるのです。

ひらめきました!!

流石は、教頭です。だてに長くは生きていなぁい!!

玄関で靴を脱ぎ、廊下を数歩歩いた先にある、
玄関のたたきと同じような硬質な床に来賓の靴を置いてもらえばいい・・・・・

・・・そうだ!ここに、新聞紙を敷こう!
敷き詰めればゆったりと靴がおけるぞぉ

とでも思案したのでしょう。早速、学校用務員を呼びつけて開口一番。

「このコンクリート部分の全てに、新聞紙を敷き詰めてください。さぁ」

「え?教頭先生。計画案では、

『新聞紙を端に寄せて敷き詰めるように』 ってなってましたよ。」

「いいんです。ここ一面を新聞紙で敷き詰めてください。」

「は、はぁ」

と、まぁ、所謂業務命令ですから、計画案と違っていても言われたとおりに
新聞紙を敷き詰めたのです。

そして、そのたいへんな作業が丁度おわろうとしたときに、
校長と教頭が再び現れました。
校長は、教頭を伴って各会場の確認をして回っていたのです。

(この校長は、全く隙のない人で、
 仕事に気合いが入っていないとボロクソにけなす要注意人物なのです。
 当然、すでに人間見られている教頭の評価は下の下で、
 立ち直れないくらいの罵声を、毎日のように浴びせられています。)

さぁ、恐怖の校長が、ご自慢の「全面新聞紙」の下足置き場にやって来てくれたのです。
喜びに、空に向かって小躍りするかのような弾んだ声で教頭が得意気に語りかけます。

「こ、校長先生!来賓の下足置き場は、余裕をもって靴がおけるように

 このようにしてみました。」


いかにも、いかにも、自分が苦労して作業したかのような口調で・・・・

すると、校長の表情がみるみる険しくなっていきます。
そして、教頭をにらみつけてこういいました。

「ちょっと、おかしいでしょ。計画と違うじゃない!

 だいたい、こんなに新聞を敷き詰めたら、人が通れなくなるでしょ。

 そんなことも分からんのかね。何考えて作業してる。今すぐ元通りにして!」


教頭の顔がみるみる紅潮していきます。だ・い・し・っ・たぁ・-・い

( ´,_ゝ`)プッと 側で失笑している学校用務員と、

相変わらずにらんでいる校長とを

首を振り振り見た教頭が一言。


「こ、これは、用務員さんが、こうしたんです。


 用務員さんが、こんなに敷き詰めたんです。」



そ、そりゃ、確かに作業をしたのは、学校用務員さんですけどね・・・・・・・。 



にほんブログ村 教育ブログへ








痛い先生 | 2008-03-24(Mon) 18:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

教頭の口からでまかせ 1

うちの学校の学校用務員さんは、
教頭から遅れること1年後に赴任してきました。
その前年度までは、女性の学校用務員だったのですが、
市の方針で、男性に替わったのです。

男性に?替わった?
という単なる性別を入れ替えたのではなく、
市の職員の合理化で、各専門職だった人たちが、
未経験の学校用務員として配置換えになったのです。

つまり、まったくの素人です。
と、、思っていたら、ただの穿った考えで大間違いでした。
この男性がまた、よく働く、よく役に立つ。
几帳面な性格と行動が見事に適していて、
文句の付け所ないのです。

早朝、始業の1時間以上前に出勤するし、
湯茶を沸かしながら、ゴミを分別して運び、
玄関周りの清掃、整頓が完璧に済ませると
子どもたちや職員が、ぞろぞろ登校しだします。

営繕はお手の物で、
大工道具を見よう見まねで扱い、
床、壁、教材なんでもリフレッシュさせます。

見た目は厳ついのですが、穏やかな性格が認められ、
幸か不幸か
だれからも気軽に話しかけられる(仕事を頼まれる)のです。


そして、事件がおきました。
時は、彼が赴任してきた年度の冬、三学期の始業式の前日のことです。

次の日の正月気分が抜けぬ始業式の午後は、学校の鏡開きの日です。

その前年までは、女性の学校用務員が善意で、
おぜんざいを作ってくれていました。
飾り餅を割り、職員室のガスコンロを使い、大鍋一杯に作られていたのを覚えています。

その、前日の午前10時頃、
教頭が、いささか慌てた表情で、学校用務員さんがいる事務室に駆け込んできたのです。
校長室から、そのまま訪ねてきたようです。

それが、校長から鏡開きのことを尋ねられていたのです。
行事ごと、祝い事にうるさい校長から、「鏡開きはどうなってる?」
と聞かれ、あたふたしたあげくに、適当に快諾しちゃったみたいな。

鏡開きのことなぞ、これっぽっちも考えていないくせに、
保身のために「用意ができています。」
とか、適当に言ったみたいですよw

そして、教頭が、学校用務員さんに向かって開口一番!!

「明日は、鏡開きなので、おぜんざいをつくってください。」

「え?つくったことありませんよ。無理です。」

「おぜんざいは、学校用務員がつくることになってるんです。」

「え?聞いたことありませんし、それに作れないから無理です。」

「いや、つくってください。これは、校務なのです。」

「は?」

「校務です。」

「校務です。」


「校務です。」

 

「校務です。」

「校務です。」

 

「校務です。」

 

「校務です。」

 

「校務です。」

 

「校務です。」


「校務です。」

 

と、10回くり返して、おぜんざい作りを迫ったのでありました。

教頭先生!校務分掌に「おぜんざいづくり」はありませんから。残念。
困ったときの口からでまかせ斬り!(激古っ)
にほんブログ村 教育ブログへ

 

 




痛い先生 | 2008-03-23(Sun) 21:51:28 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

教頭さん。そろそろ逮捕されてください。

苦節3年。やっとと言いますか。
うちの犯罪者が異動になりやした。

直接被害を被らぬ自分ですら、見ていてイラつく人です。
いわんや、被害者をやw

先日も、卒業式の会場設営でのことですが、
教頭が不意に話しかけた若い男性職員が、
偶々腕を組んでいたのです。

子供たちの前であるにもかかわらず、
「ちょっと、こっちに来い」
と押し出しの格好で体育館倉庫まで連行して
「なんだ、その態度は、聞き方がなっとらん
 どがんかせんといかん」
とクドクドと言いがかりをつける始末だし。

腕を組んだまま話を聞いたのではなく、
話しかけられたときに、腕を組んでいただけなのにね。

おっと、時間がたっていたので忘れていました。
総入れ歯、自分もパンクさせられていましたね。

なんか、むかついてきました。

まぁ、それは良いとして、実は、最近またまた
パンク騒ぎがあったのです。

時は2月、今回の被害者の2人は、なんと二輪車。
単車です。

つまり、パンクしていたら、万が一転倒して死ぬ?

「ちょっと、どがんかせんといかんやろ」
と、われわれ数名で、いきり立っちゃっいました。

屋上で、秘密会議を開きました。
でも、なんともしがたいといいますか、
みな、口をそろえて言うのが
「証拠がない」

なんですね~。でも、むかつくじゃないですか。
なんか腹立ったので、
「もぅ、証拠などいらぬわ。今から、行って、
『お前だろ、わかってんだぞ』っていおう」

とまで、言ったのですが、賢明じゃないと諌められてしまって、
ちょい間抜けな校長に相談して、抑止力としようとあいなったのでした。

とりあえず、これまでの被害の記録をとって、
職員朝会で、校長は、妙なところに力をいれた口調で
「今後、こんなことがあったら、すぐに警察に連絡します」
だってさ。

つか、この話、実は、4月には自分の口から校長に伝えていたのにね。
みなの前で話すのに11ヶ月もかかってやがるし。

というわけで、とりあえず、タイヤに釘をさすことはなくなりましたが、
これ以外にもとんでもない犯罪、
はっきり言って笑えないぐらいの罪を犯しているので、
この人にはそろそろ逮捕されてほしい。


ところで、公金横領の教頭は、隣の隣の学校に舞い戻ってきました。
新聞社にリークしたら、くびにしてくれるかなぁ。


痛い先生 | 2008-03-21(Fri) 23:38:19 | トラックバック:(0) | コメント:(6)

卒業 そして異動

今日は卒業式でした。
4年生の頃に担任した子どもたちだけに、
思わず涙しそうに。

軽く感動したことも、多々あるのですが、
いかん!
職員がおもろすぎる。

児童観察係の若手がいるものの
2階、ギャラリー席で足組んでるし。

本来、具合の悪そうな子どもを早期発見して、
対応するための係なのです。、

2階、ギャラリー席にぽつんと座っているから、
逆に目立つのに~

んで、下のフロアの先生からインカムで連絡がとぶわけでして。

「先生!みんな姿勢良くすわってるから、
 その格好、目立ちますよ」

と物腰柔らに伝えると、さっと足を戻し、威張った姿勢をやめたものの、
その後は、

腕を組んで、じっと手を見る。ずっと見続ける。

いいから・・・・子ども見てよと。。。

そんなんだから、教頭にいじめられるんだなぁ。

まぁ、そんな彼も、たった3年で転勤するからめでたしめでたしかな。

にほんブログ村 教育ブログへ


痛い先生 | 2008-03-19(Wed) 17:52:43 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

知らないって罪だよなぁ

自分が初任の頃、
夏期休業中に宿泊研修が行われていました。

そのころは、土曜日がまるまる授業の頃ですから、
公務員の残4日の休業を夏にまとめ取りしていました。

土休の指定休と、初任者の研修だけでも、
スケジュールが詰まってしまっていました。

初任者研修制度がはじまった年でして、
市と県の連絡や調整がうまくいかなかったようで、
同じような内容の研修が、連日続くこともしばしばでした。


何が何だかわからないまま受講していたので、
たいして気にはなりませんでしたけどね。

今考えると、うちの市と県って、同じ名前がつくのに
仲が相当悪いのでしょう。
県と市がそれぞれ主催する
道徳についての研修が週に2本続けてあったのですが、
流石に、資料が同じ内容だと、何も知らない初任者とはいえ
笑えるw

バブル絶頂の頃に、手取り10万円未満の給与で、
何が楽しいのか、真夏にネクタイ締めて、

「自覚が足りない」
「奉職者だぁ、聖職者だぁ、」
と耳にたこつくられて、
朝は(苦手ながらも)早うから、
夜更けまで、なーんかいろいろやってたのが
懐かしいw


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夏真っ盛り、初任者研修も佳境に入ろうかとした頃、
同期の男に元気がない。

聴くと、とんでもない失敗をしたのだそうです。

彼は、学校の委員会活動で、飼育を担当させられる。
中規模校であるにもかかわらず、飼育担当は、
初任者の彼、1人。

初任者の慌ただしい雑務の中、それなりにちゃんとやってきた
つもりではあったのだが・・・・・

宿泊研修が終わって、
我が学校に戻ると、

飼育小屋の鶏とウサギが 全滅していたらしい。

彼は、知らなかったのです。

彼の学校では、例年、飼育委員会の子どもが
当番制で学校を訪れ、動物の世話をしていたことを。

何もしらないから、その年は当番を決めていなかったんです。
また、何も知らないこどもたちも、学校に来ることもなく、
鶏とウサギは飢え。



う~ん。どうでしょうか。
「普通、気づくだろ!」

って思いましたか?まぁ、確かに、彼も悪い。いや、彼が悪い。

でも、知らなかったんですよ。そういう制度があることを。

まー。動物を大切にする心が足りないと言えば、しかたないですけどね。

誰も、教えてくれないんですね。こんなことを。

知らないって、ほんと罪ですよ。

それに、他の職員は、何やってたんでしょうか。

校長・教頭には自宅研修はない。
また、特定勤務の人だっていたはずなのに、
初任の飼育当番がいない間、
だれ1人、飼育小屋のことが、気にならなかったんでしょうかね。

うーむ。やっぱ、バブルの頃って、なんか変でしたw

知らなかったから、許されるってことはないけど、
もうすこし、仕事上のサポートがあっていいと思いませんか?


・初任者1人に飼育みたいな委員会活動を押しつけること。
・初任者指導教官や管理職や若者先輩が、それなりに仕事を教えていないこと。
・飼育当番者がこないの知っていて?知らないのかなぁ?飼育小屋すら見ない教頭など。

やっぱ、学校の先生って、冷たい人が多いよねw

その後、他校から少しずつウサギと鶏をわけてもらったそうです

痛い先生 | 2007-07-31(Tue) 22:18:54 | トラックバック:(0) | コメント:(5)

Copyright © 学校の非常識怪談Z All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。